習慣ほど怖いものはない


shuukann

こんにちは守屋です。

今日は

【習慣ほど怖いものはない】

についてお話したいと思います。
習慣には2つの習慣と
2つの習慣動作があります。

2つの習慣とは
・良い習慣
・悪い習慣

2つの習慣動作とは
・無意識習慣
・意識的習慣

になります。
良い習慣は皆さんもなんとなくイメージできると
思います。

健康に気を付けて食生活に気を付ける
スポーツジムに行くなど考えればすぐに出てくるでしょう

じゃあ悪い習慣とはなんでしょうか
身体のことを考えてお酒を辞めなければいけないが
辞められない、たばこを辞められない。
朝が早いのに夜更かしを辞められない。
お金がないのにギャンブルを辞められない。

などありますよね。
では、【無意識習慣】とはなんでしょうか

それは
・つい、帰宅をしたらテレビをつけてしまう
・朝起きたら、まず顔を洗う
・用事がないのについコンビニに寄ってしまう
・寝ようと思いながらいつのまにかyoutubeを観てしまう
など、意識とは正反対の
「つい、いつの間にか、まず」
など脳が勝手に行動に移してしまっていることです
今、あなたがこれを読んで
思い返してみると思い当たる節はありませんか?
気が付けば愚痴を言っている
気が付けば時間がないと漏らしている

などもそうですよね。
人間の習慣は良いも悪いも色んな情報を
元に作られるものです。

なので無意識で行っている習慣の全ては
あなた自身が過去に経験、見てきた情報を元に
作り出されているのです
では、どうやったら習慣を変えるのかと
言いますと

【無意識習慣】→【悪い習慣】→【意識習慣】→【良い習慣】

の順番で変えていくことしかありません

まずは無意識の習慣の中で悪い習慣を
意識してみましょう

この時に有効になるのは
身近な友達だったり家族だったりします

・爪を無意識に噛んでしまう
・無意識でご飯中に音を立てる
・食べたものをそのままにする
・人の話を必ず遮る

など、自分で意識していない部分だったりするので
まずは人に聞いてみましょう

それが出来たら今度は
意識して改善します。

ここで大事なのが【意識】は
・声に出す
・見えるところに書き出す

ことが大事です。
何故なら無意識の習慣が身についているので
日常で意識しない時間の方が多いはずですから
視界に入れるようにする、メモに朝一番で書く
声に出すなどして常に意識しましょう
それを毎日継続すると【良い習慣】
となり、意識せずに日々を取り組めるようになります

例えばですが
自分の悪い習慣というのは意外と
自分の意識レベルで改善されやすいです。

でも家族や身近な人ではそのような
悪い習慣がある人がいるけど改善がどうしても
出来ない。という人もいますよね?
そんな人にはしっかりと効果ある
仕組みというのがありますので聞きたい人は
是非連絡を下さい
悪い習慣を断ち切り、良い習慣にして
良い人生を送ってみて下さいね
最後まで読んで頂きありがとうございます。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。