本田圭佑が「今」必要な理由


honnda

 
こんにちは守屋です。

今日は

【本田圭佑が「今」必要な理由】

についてお話したいと思います。
ACミラン在籍の本田圭佑選手。

 

つい先日のイラン戦では惜しい場面がありつつ、得点を決めることが出来ませんでしたが勝ててよかったなっていう風に思います。

 

今回は試合の話ではなく

 

本田圭佑という人物の思考と行動こそ
「今」の日本には必要なのではないかと思いました。
1、思考を現実にし、行動するグリット
2、逆境こそ楽しむマインドアップ
3、多種多様な事業展開によりリスクヘッジ

 

1、思考を現実にし、行動するグリット

有名な話で既に小学生の時にはACミランの10番を背負うことをイメージ出来ており、それを現実にしました。
ですが、その道のりは誰が見ても順風満帆ではありません。セレクションでガンバ大阪を落ち星稜高校に行き、名古屋グランパスに入団してオランダに行きロシアに行きそしてイタリアの名門ACミランです。
12歳にイメージしたものは18年の歳月を得て現実となりました。
これを見てもどれだけの時間を要しているかはお分かりですよね。
その中には怪我もあったり思うように結果が出ない。二部リーグでプレーするときもありました。それでも挫けずに着々と淡々と夢を引き寄せるためにやってきたのです。
そして、二部リーグで活躍した際に、自分への評価の在り方を見つめなおし、得点にこだわるようにしたそうです。

 

その結果、二部リーグで最終優秀選手になり、ロシア行きを決めて日本代表にも定着しました。

 

これは社会人で言えば、結果が出ないで転職したり減給された際に、自分の評価が何でされるかを一度見つめなおして評価される自分に変化することに直結します。

 

自分の目指した夢の為に諦めずにどんな状況でも、自分の在り方を変えてでも達成していく強い精神力こそ、今の日本には必要なのではないでしょうか

 

2、逆境こそ楽しむマインドアップ
本田選手は自分が怪我した際にこんな風に言われていました。

「怪我したことによって、新しい本田、強い本田になってこれる時間が出来た。見てろよ世界」

レギュラー落ちしている際にインタビューで

「勝ちたいなら俺を使えと。俺を使えば勝てるのに負けたいんかと」
ACミランの10番が空いていて背負った際

「そこに誰もが憧れた10番が空いているというなら僕は迷わずに取りに行きますね。だって誰でもそうするんじゃないんですか?」
このような言い回しで
怪我した際には怪我したことでプレーできないことに焦点を合わせるのではなくて

新しい自分になれる時間を確保できたことに視点を合わせています

 

レギュラー落ちした際には
レギュラーを外されたことに対して焦点を合わせて落ち込むのではなく

レギュラーを外して勝ちたいと思っているのかというチームの考えに視点を合わせていつでも勝つことに対してのマインドを保っています
これらのように基本的にネガティブになりませんし、前向きな発言をしています。
世間のコメントでは
「強がりを…」
「結局口だけじゃないか…」

と言われますが、これでまた活躍すれば

「さすが本田!」
「俺は本田はやると思ったんだよな」

という風にひっくりかえるわけです。

他人なんてそんなものです。
他人の批判なんかしていても活躍すれば手に平を返したりするし、鵜呑みになんかする必要なんてないんです。

常に自分のマインドを高い設定にしておけばそれだけで逆境は跳ね返すことが出来ます。

ちょっと出来ないときこそポジティブマインドになってみましょう。

3、多種多様な事業展開によりリスクヘッジ

ご存知の方もいらっしゃる方もいるかと思いますが、本田選手は現役でありながらも経営者として欧州のチームを買収して経営に乗り出し、また日本でもスクールを立ち上げたりグランドを開設したりと兼用でやっています。

サッカー選手の寿命はとても短いです。
18歳からプレーして、30歳までやればいい方じゃないでしょうか。日本のプレー平均寿命は26歳前後言われています。

では、その後はどうするのでしょうか。サッカーしかしてこなかった選手の未来はごく少数がそのチームのサポート、そしてそれ以外はサッカーに関わる仕事、それ以外は完全な転職。

 

本田選手は自分の将来をしっかりと考えています。

だからこそ、経営に一番熱い時で注目されるときだから実行されたんだと思います。
日本人の考え方、美学にはその道で突き進んでいけという、カズやイチローのような選手の方が評価されやすいですが、本当に極一部しかいないですし、自分の人生を守ってくれるのは自分しかいません。
周りからどんな風に言われようと自分が信じる道を歩むことが大事ですし常にリスクヘッジをしておく必要は十分にあります。
日本の社会でも大企業が倒産、リストラが決行されています。今では副業が当たり前のようになってきていますよね。
常に自分が生きるための手段を多く持っておくことは何も悪いことではありません。
サッカー選手のように自分の身体に限界が来て現役引退はありますが、会社では業績悪化によりリストラはいつでもある時代です。
自分のスキルやキャリアを評価してくれるところがあるのであれば、そこととの関わりを持っておくことはリスクヘッジになります。
皆さんはリスクヘッジはできていますか?

1、思考を現実にし、行動するグリット
2、逆境こそ楽しむマインドアップ
3、多種多様な事業展開によりリスクヘッジ

改めて大事な
本田圭佑が「今」必要な理由です。
今度のオーストラリア戦も頑張って欲しいですし、日本に再度、ああいう形のサクセスストーリーを持った男が現れるのはいつになるかわかりませんが是非、日本のサッカーの未来も明るくなって欲しいですね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。