錦織圭ストーリー


nishiki

 

こんにちは守屋です。

今日は

【錦織圭ストーリー】

についてお話したいと思います。

プロテニスプレーヤーの錦織選手のオリンピックでの大活躍は皆さんご存知の通りですしどれだけ凄い選手かはご存知かと思います。

今回は少し雑誌の中の一部分を引用させて頂きますが大切な、誰にでもあてはまることなのでシェアしますね。

=====ここから引用=====
試合の解説を務めていたジョン・マッケンローが「彼はいつかグランドスラムのメンバーに入るだろう」と言ったことに対しては「本当に光栄です」と言い、その後、フェデラーと練習試合をさせてもらったことに触れ、「彼のような選手になりたい」「一緒に練習できたことは僕の宝物」とも話していました。いわば、まだ遠くに山の頂を仰ぎ見て、憧れを糧にしていたのです。
きっかけは、昨年12月にIMGがマイケル・チャン氏をコーチに選んだことだと思っています。「錦織選手の技術はグランドスラムを勝てるまでになった。今こそグランドスラムを獲ったことがあるコーチを」と考えたのです。その後、チャン氏は常に、錦織選手へこのように声をかけたそうです。

「Believe,Believe,You can do it(自分を信じろ!?君ならできる!)」。錦織選手が「フェデラーにあこがれている」と言えば「何を言ってるんだ。君はフェデラーに勝ったじゃないか!」「どうしてチャンピオンに相応しい自分の実力を信じないんだ」と言い続けたのです。

その一方、チャンコーチは錦織選手に、まるでジュニアの選手がやるような基本的なトレーニングを課し技術面を徹底的に修正しました。そして――ここから1年も経たないうちに彼は記者会見で「勝てない相手はもういない」と話すのです。
この事実は「経験が言葉を導き出す」ことを示しているのだと思います。彼は間違いなく、何の裏付けもなく「負けるような気がしません」などと言う人物ではないのです。彼は自分を信じる「王者のメンタリティ」を身につけ、同時にトレーニングには「ジュニアのような謙虚さ」で臨んだ、その結果、本当に「勝てない相手はもういない」と確信し、あの発言をしたのだと思うのです。
錦織選手は13歳で渡米した直後は海外経験もなく、英語もできないことでとても苦労し、傷つき、ホームシックになったと話していました。この傷が、オリバーら、スタッフによって埋められてゆき、英語も、技術も、プロテニスプレーヤーとしてのメンタリティも身につけていきました。そして彼は、感謝の気持ちを言葉にするだけでなく、何より、勝利、成績などの結果で示そうとした。錦織選手が、感謝を感じ、口にすることは、つまり自信を構築したことの証明でもあります。さらには、次へのモチベーションへと変えている。これはビジネスの現場でも有効なことだと感じます。「自分が成し遂げたことは周囲のサポートがあって実現できた」という認識や「その思いを結果で示す」という強い思い。このダブルの気持ちが「ある結実」には不可欠だと思います。

=====ここから引用終了=====
ここからわかるところは

【成功したい】→

【環境を変えた】→

【成功へと近づいた】→

【さらに成功する為に成功実現している指導者をつけた】→

【徹底的な基礎練習】→

【メンタルトレーニング】→

【成功】
という着地が出来たわけですよね。
社会人でいうなら営業職の人なら

【件数を取りたい】

→【仕事終わりに遊ばずセミナーに通った】(環境を変えた)

→【営業成績が良くなった】(成功へと近づいた)

→【さらに成功する為に営業の分野でトップの人に会いに行く(研修させて貰う】(さらに成功する為に成功実現している指導者をつけた)

→【言われたことを徹底して繰り返し行う】(徹底的な基礎練習)

→【自分は日本一の営業マンだと常に信じる】(メンタルトレーニング)

→日本一の営業マンになる
→成功
という結果に繋がります。
だからこそ、別に一般人の人だからできないというわけではありません。どれだけ自分の立場に置き換えて行動できるか、考えられるかというのは非常に大事な部分になります。

スポーツ選手のようにしっかりとしたビジョンを持たないと。大きなビジョンを持たないとと思うかもしれませんがそんなことは決してありません。

 

大事なのは具体的な目標を設定して、具体的に細かくどんな行動をするかと上記のような仕組みにあてはめていくだけなのです。

 

簡単に言ってしまえばカレーなんです。

 

カレーを作る。となったら

野菜はニンジン、じゃがいも、たまねぎ。

お肉は豚肉か、牛肉。

 

という風に明確に料理名が決まれば具材も勝手に決まっていきますよね。だからこそ、皆さんの悩みや解決したいことも具体的に考えてみましょう。

 

その辺に関して分からなければご相談にも勿論乗ります。

 

是非、皆さんも錦織ストーリーのように、今よりももっとよくなりたいと思えば見直してみましょう。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。