たった5分出場のCL。岡崎選手が思う本音

okazaki

 

こんにちは守屋です。

サッカー選手であれば誰しもが憧れるチャンピオンズリーグ、世界でW杯よりも厳しいと言われるピッチに立つことはとても栄誉なことは言うまでもありません。
岡崎選手は今年30歳。そして昨年は所属するレスターというチームはイングランドの優勝チーム、尚且つ立役者でレギュラーだった岡崎選手は今年はベンチで温める日々です。
会社で言えば営業成績がトップだったにも関わらず社長チェンジで急に方向性が変更されて事務職に回された。そんなイメージです。
しかし、それがスポーツの世界であり、社会でも同じではないでしょうか。明日、自分がやっている仕事は他の人に取られてしまうかも知れない、もしくは機械に取られてしまうかも知れない。

 

じゃあどうすればいいか。常に高いモチベーションとアピールをしていかなければいけない。会社組織の内部でも激しく戦っていかなければいけない。味方であり、ライバルでもある組織の中で勝ち取ってこそ相手と勝負できるのです。
たったの5分。それでもその5分を立てたことは岡崎選手にしか分からないチャンピオンズリーグの雰囲気があったのでしょう。だからこそ、ここがスタートという風に思えたのだと思います。

何故ならそのピッチに立てない選手は何人何千人といて、そのチャンピオンズリーグに出場できないチームだってあるからです。
でも、満足はしていないはずです。ここからがスタートであり、その5分で感じたことを今度は90分味わいたい、もっともっと試合をしたいと思うのがトッププレーヤーでしょう。
会社で良い成績を出したから来年も会社のエースでいられるかどうか、又は今の仕事で飯を食っていけるかどうかは分かりません。いきなりの円安になって貿易関連の仕事は苦しくなるかもしれません。

 

逆に国内だけで仕事をしている人は消費税増税が間もなく来る頃に利益を確保していなかったり新しい収益の確保が出来ていなければ苦しくなるでしょう。
でも、まずは今を大事にすることからしか始まりません。毎日が練習ではなく、毎日がアピールであり、自分を高めておく以外にないのです。

 

自分をアピールする場が例え5分しかもらえなかったとしてもその5分を

・たった5分
と思うか
・5分でもできることをする
・5分で何が出来るだろう

 

という風に考えることで次に必ず繋がります。
皆さんも5分の為に最高の準備が出来るでしょうか。私はいつだって最高の準備とメンタリティーで毎日を過ごしています。
何故なら最高の準備をしていれば最高のチャンスが訪れ最高の結果が必ず待っていることを肌で感じているからです。

 

是非皆さんも
「あの時諦めずにやっていれば…」

 

なんてならないように準備をしていきましょうね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================