死ぬまでサポーター。サポーターという存在とは

kaigai

 
こんにちは守屋です。
死ぬまでサポーター。サポーターという存在とは

についてお話したいと思います。

ここに【谷脇 良也】さんというアビスパ福岡のサポーターの方のコラムがありましたので引用させて記載させて頂きます。
======引用開始=======

httpsan-life.jparticle47#page1
「J1参入決定戦」とトーナメント方式で、1回戦は地元福岡の博多の森球技場で行われました。
当時は毎試合見に行くようなサポーターではなかったのですが、この日は大一番ということもあり、
スタジアムに足を運んだんですよね。

その試合は、後に「神を見た夜」と呼ばれる、劇的な試合でした。
その日、僕は初めて席から立って試合を応援しました。

得点がはいった瞬間、あまりの感動に、隣の人とハイタッチしたり、
よく知らない人と抱き合ったりもしました。(笑)

とにかく鳥肌が立って、今まで味わったことがない歓喜が内側から込み上げて来たんですよ。

東京に引っ越してからは、「虚無感」という言葉がしっくりくるような感覚でした。
もちろん観戦には行くのですが、アウェーの試合であることに加え、
一緒に応援する知り合いがいなかったこともあり、座って応援していました。
何もできない=「無」が一番辛いんですよ。
なんだか、やりきれない日々でした。
僕が好きなのは、サッカーじゃなくて、アビスパだったんですよ。

そう気付いてからは、自分の中で何かが変わった気がしました。
現在、福岡では、やはり野球が人気です。
今はみんなホークスですが、将来はアビスパを地元に根付くクラブにしていきたいんですよ。
少しでも多くの人がアビスパに興味を持ってもらえるよう、これからも挑戦していこうと考えています。

でもまぁ、究極的には、僕が死ぬまでクラブがあってほしいというのが本音です。

別に優勝したり、強豪になったりしなくていいんです。
だけど、つぶれたら困る。

======引用開終了=======

 

私は読んだときに素直に感銘して涙を流してしまいました。多分、どのチームにもこのようなサポーターはいると思います。別にSNSや有名な方じゃなくても応援したい、心から応援したい。それはサッカーが好きでなくても、その街に根付いたそのサッカークラブが好きなんだという人が必ずいると思うんです。

 

 

そこで夢中になり、熱狂が渦巻き歓喜と涙があり、それでも下を向かずにまた、来週は必ずやってくれるだろうと信じ応援する。

 

勿論勝ち負けは重要なことかも知れません。でも、それ以上にサポーターというのは母親のような愛情で時に叱り、時に一緒に泣き、時に一緒に勝利を喜び、時に時代の流れと共に勝ち上がってリーグが変われば人数も多くなり、時代の変化を感じるかも知れません。

 

それでも根っこにあるのはそのクラブを愛し、そのクラブと共に一生涯歩んでいきたいと思うことではないでしょうか。その心さえ、忘れぬ人々がいて、その心を強く理解したサッカークラブがあればそこは必ず反映するものだと思っています。

 

これは会社もそうではないでしょうか。長年、創業者一代で築いたものが日本には多くあります。その創業者を引き継ぎ、家系で継ぐところもあれば引導を渡す会社もあります。ですが、その心は常にその会社の理念、創業者の心を軸にして日々精進していく。それが全てのスタッフがしっかりと変わらずについていき、更に業績を上げ社会に貢献する会社ではないでしょうか。

 

 

それに大きいも小さいもないと思っています。規模ではなく、その創業者の理念こそ、一番大事じゃないかと思います。心を動かしサポーターを創り共に歩んでいくという姿を示せるかどうかこそ会社、及びサッカークラブが追い求めるものではないかと思います。

 

 

私はどうだろう。という風に考えました。その時に一番に思ったのは私はサッカーを通じてやはり、そういう人たちがいることをもっともっと多くの人に知ってもらい、もっともっと多くの人がその地元のサッカークラブに対して足を運び、その魅力を肌で確かめてどんな形であれ、サッカーを通じてそのクラブの応援をしてもらえる手助けが出来ればと想いが自分の生涯の役目じゃないかと思いました。

 

それは自分自身がサッカーを通じて得たものが今の自分の全てだということだからです。

 

是非、少しでも多くの人が地元のサッカークラブに足を運び、サッカーの素晴らしさ、そこに関わる人々の熱に触れてくれればと思います。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================