強いチームのサッカーと弱いチームのサッカー、何が違うか

shoushahaisha

強いチームのサッカーと弱いチームのサッカー、何が違うか

についてお話したいと思います。

 

10月29日、エコパスタジアムで行われたJ1 2ndステージ第16節ジュビロ磐田と浦和レッズの試合を観戦して思ったことを今更ながら書きたいと思います。ジュビロは残留が必須の1試合、レッズは第二ステージ優勝が決まる1試合。勝ったのはレッズでそのまま第二ステージ優勝を決めました。

 

落ち着きと不安の心理

 

私はジュビロが地元ですから好きですが、客観的に見ても浦和レッズには【落ち着き】がありジュビロ磐田には【不安】と言う心理があったのではないかと思います。

 

 

浦和レッズは今まで5連勝で尚且つ年間チャンピオンの為のあくまでも「1試合」である為にここで決めよう、優勝しようと言う気持ちよりは自分達のサッカーをしていくのみという試合運びが見えました。

 

 

逆にジュビロ磐田には残留と強い意志はありつつもその戦略として「守り抜く」のか「時には勝つ為に攻撃するのか」と言う部分が選手によって異なる印象を受けました。

 

戦略の違いなどに着目しているのではなく、「心理状況が作り出す不協和音」こそ勝敗を決めるではないかと思っています。

 

信じれる自分たちのスタイルがあるか

 

浦和レッズには今まで築いてきたサイドからの攻撃を武器に、徹底して両サイドを切り開き得点も生まれました。柏木選手や遠藤選手もロングフィードでサイドチェンジを徹底してやっていました。

 

つまり今までやってきたことをチームで統一しており、尚且つ誰が入っても同じ事を徹底してやる。と言うイズムが浸透しておりそれに高い精度、技術が備わっているからこその今現在の優勝というものに現れているのではないでしょうか。

 

ジュビロ磐田は試合に入る時から「勝ち点1でもいいから取る」ということで守ることを徹底していましたが、時に攻めたりもしていて良い意味でレッズを脅かす時間帯もありました。

 

それが逆に選手の中で「え、攻撃も出来るかな」と思う選手もいれば「たまたまだから先ずは守ろう」という統一性をなくしてしまったように思えます。

 

その為に中盤でボールを奪った際やカウンターを仕掛けられる際もジェイにボールを預けつつ皆が攻撃に上がってこないからジェイもどうしたら良いかと悩んで結局ボールを取られてしまいます。

 

また、ボールダッシュした瞬間に攻撃をしたいと思う選手と、リスクをおかずに繋ごうと思う選手と意思にずれがあり、パスミスになってしまう場面が幾度となくありました。

 

しかも残留が決まるか決まらないかという試合であればあるほどに、その心理は選手それぞれ思うところではあるんじゃないでしょうか。

 

結果、点を取られてからは攻撃を転じようと思っても、ジェイに合わせるというのは理解していても、サイドからセンタリングを上げることなく試合終了となってしまいました。

 

 

チーム戦術としての徹底が染み込んでいるか染み込んでいないかと言うのはこういう追い込まれた状況こそ分かるものです。

 


方向性の強さが揺るぎないメンタリティーを生む

 

これは会社でも同じではないでしょうか。追い込まれた時に、スタッフ一人一人が危険だ、チャンスだと言う風に考え出したりしてそれぞれの行動を取ってしまいがちです。

 

そんなときにこそ、しっかりと代表者が会社の方向性を指示できるか、表明できるかによって安心感を与えてスタッフも「このままでやり続けよう。信じ続けよう」と思えるかどうかがあると思います。

 

 

私が思う強いチームは技術はプロとして当たり前ですが、それ以上にチームの方向性がしっかりと選手に浸透しているか、浸透させる為に日々伝え続けているかが鍵となると思っています。

 

監督のコメントや選手のコメントの中にチームの方向を信じ続けている人が多ければ多いほど、そのチームは強いチームであり続けるのではないでしょうか。

 

 

そんな視点で是非、結果を出しているチーム、結果を出せずにいるチームというのを見てみて下さいね。