感謝の気持ちとは何か

kannsha
こんにちは守屋です。
感謝の気持ちとは何か

についてシェアしたいと思います

皆さんは「ありがとう」という言葉を使う時はどんな時でしょうか。

 

・人に親切にしてもらった時
・応援してもらった時
・親が自分に対しての愛情を手紙にして貰った時
・何か物を買った時

 

色々とあると思いますが、基本的に「何かをして貰った時」に出る言葉だと思っています。それは直接的な場合もありますし、間接的な時もあります。

 

しかし、なぜ感謝の気持ち「ありがとう」という言葉は出るのでしょうか。そんな風に考えた時にある答えが出ました。

「ありがとう」という感謝の言葉を嫌う人はいない

 

ということです。

 

例え些細なことでも何かをやって貰った際に「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになりませんよね。本当にこれは魔法の言葉だと思っています。

 

私はいつも感謝の気持ちを忘れません。おかしいと思われるかもしれませんが、毎日のように起きてありがとう、ご飯を食べてありがとう。こうして文章を書けることにありがとう。会う人全てにありがとうと言う気持ちを言葉にしますし、心でも思っています。

 

感謝の気持ちは形を変え、必ず循環します。自分のところで止めてしまっては感謝の気持ちが回らなくなってしまいます。

 

ある企業の社長が従業員に対して「いつも一生懸命に働いてくれてありがとう、感謝しています。」という風に言います。

 

すると従業員もお客様に対して商品を購入して下さった時に「ありがとうございます」という風に感謝を伝えます。

 

お客様は「良い商品だから生活が豊かになりました。ありがとう」と企業にお金という形で返します。

 

こうした「感謝の輪」がしっかりと成り立っている企業はとても強く、業績が上がってます。しかし感謝の気持ちを忘れてしまい、利益重視になってしまったり従業員を疎かにしてしまうような企業は長くはもたないでしょう

 

感謝の気持ち「ありがとう」を貰ってばかりの人は、身近な人でもいいですので「いつもありがとう」という風に伝えましょう。それによってあなたの周りの感謝の輪は循環し始めて凄く気持ちの良い日々に変わりますよ。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================