成長の有無は〇〇で決まってしまう

seichou
こんにちは守屋です。
成長の有無は〇〇で決まってしまう
についてシェアしたいと思います。

 

皆さんは「今より成長」したいと思ったりしますか?それとも現状維持でもいいかなっていう風に思ったりするでしょうか。

 

因みに今の時代「現状維持」を考えている人は緩やかな速度で下降していることになります。3か月周期で世界の経済が変化する時代です。

 

なので、現状維持を考えている人でも少しずつでも成長していかないと現状維持できませんので気を付けて下さいね。

 

ずばり、成長の有無は【目標設定の仕方】で決まってしまいます

どういうことか説明していきますね。
もし、目標設定が

・年収1000万を目指す
・TOEIC900点以上を出す
・貯金年間300万
など、「金額・結果」とした場合
軸にぶれが生じる可能性が非常に高いです
なぜかと言うと「理由、動機」が弱いからです。

 

年収1000万という設定をしたとして、年収1000万を達成した場合、お金に執着してしまって、本当は何の為に年収1000万になりたかったんだろうという風になってしまうからです。
逆に目標設定が
・自由な時間が欲しい
・海外で不自由なく外国人と話したい
・年に3回は海外旅行に行きたい

 
という「行動、態度」とした場合
軸がぶれません。
なぜなら、その後、目標を達成する為に具体的な数字を決めるからです。
・自由な時間が欲しい
→その為に…年収1000万を目指す
・海外で不自由なく外国人と話したい
→その為に…TOEIC900点以上を出す
年に3回は海外旅行に行きたい
→その為に…貯金年間300万

 

ありがちなのは先に「金額・結果」を決めてしまい結局やり遂げれないことです。人間は心から込み上げてくる危機感や動機がなければ動けないものです。

 

それは心のどこかで「別に今のままでもいいかな」という現状維持を脳が発信するからです。

 

私は朝の時間を使って朝活を実施していますが、朝7時から実施していることもあり、本気で自分を変えたい、学びたいという人しか来ません。

 

朝起きて、少しでも心の中に「まぁ、とりあえず今じゃなくてもいいかな」と言い訳マスターの方はいつまでも経っても変わることはありませんし、成長もありません

 

目標設定を間違えてしまうと、成長しているようで本質を捉えておらず、成長している気分で終わってしまいます。

 

2017年まで後1か月ちょっと。2017年の目標を設定する際には、自分が成長したいことは何か、動機をしっかりと考えてから金額や数字設定をしてみて下さいね。