常識を疑う力を身につける3つのポイント

img_3234

 

こんにちは守屋です。

常識を疑う力を身につける3つのポイント】についてお話ししたいと思います。
1、無意識で行動していることを書き出す

常識を疑うためには、日々の無意識の行動に意識を向けなければ始めません。

・朝、自宅を出発する時間
・何気なく食べている昼食の内容
・ぼぉーとする時間
・電車に乗ったらスマホを見る行為
・帰宅して一番に何をしているか

など書き出してみて下さい。あなたの常識は世間の非常識かも知れません。

常識を疑うため、まずは日頃の行動を書き出すことから始めてみましょう。

 

2、比較対象を広げる

1、で書き出したリストを見て、比較対象を広げてみましょう。

 

どういうことかと言うと、あなたの日頃無意識に行っている行動は他の人と比べてどうなのか、外国の人と比べてどうなのか、自分の尊敬する人と比べてどうなのか。

 

という風に比較対象と比べてみることで、自分が行っていることが正しいことなのか、それとも間違っているのか、修正した方が良いのかを比べることが出来ます。

 

3、「そもそも」論を常に唱え続ける
自分の行動に対して常に「そもそも」と口癖のように言ってみましょう。

 

・そもそも、朝の出勤時間これで良いのか
・そもそも、今の給料で良いのか
・そもそも、帰宅して直ぐにテレビつける意味はあるのか
・そもそも、俺が求めていた会社での役割ってなんだ?

 

という風に「そもそも」論を自分の頭の中で展開することによって常に疑問を持ちかける仕組みを習慣化することが出来ます。

 

どれも、今すぐにでも出来ることなので、日頃常識だと思っていたことを疑ってみて下さいね。

 

そこから新しい仕組みが生まれてきます。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================