元Jリーガーの知名度はメリットかデメリットか

 
こんにちは守屋です。
元Jリーガーの知名度はメリットかデメリットか
について深堀したいと思います。

 
フットサル場や街のサッカークリニックなどで

「元Jリーガー〇〇選手指導」

「〇〇選手が教えるテクニック講座」
などあったりします。

 
知名度抜群の選手は、解説者、サッカー関連の雑誌と提携、コメンテーター、サッカークリニック開設。

 

 

と言う風になりますが、Jリーガーの全選手がそんな風にセカンドキャリアを築けるわけではありません。

 
むしろ、現役を退いた後、どうしたら良いか分からないという選手の方が多いのではないでしょうか。

 
そんな時に、企業に就職しながらも地元のサッカーチームなどで「元Jリーガー」として指導者の道を歩む人も多いのが事実です。

 

 

そこには

 
・本当にサッカーが好きでどんな形でも携わりたい

 

・知名度がある為にオファーを貰った

 
と言う2種類があると思います。

 
前者の場合は、選手だった時代の経験を生かし、尚且つ今のサッカーに必要なものは何かを考えつつ指導できるでしょう。

 
ですが、後者の場合、元Jリーガーと言う肩書でチヤホヤされている部分もあり、指導熱と言うよりも「なんで俺の言うとおりにできないのか」と言う風に自分論を押し付けてしまう指導者を輩出してしまうのではないでしょうか。

 
youtubeなどでも小学生年代の指導で、殴る蹴るなどをする監督やコーチの動画などがアップされています。

 

 
私は以前にもブログで書きましたが「過去に依存する人は今、輝いていないから」と言う風に考えています。

 
もちろんJリーガーになれたことは素晴らしいことなどで、肩書を利用することは悪いとは言いません。

 
でも、憧れのJリーガーに教わる子供達が、あなたの指導や発言によってJリーガーのイメージが変わってしまうかも知れないのです。

 
そういう自覚を選手時代に植え付けることも日本サッカー協会には必要なことではないでしょうか。

 

子供たちにとって日本代表の選手やJリーガーは憧れの選手です。例え、引退したとしても憧れと言うのはその人の心に残っているものです。

 
過去に「〇〇で活躍してた」「〇〇出身」と言うのであれば、誇りを持って、それに見合う人生を歩んでいくことはサッカー選手に限らず、全ての人に通じることですよね。

 
今の時代、自分が思っている以上に自分の発言や行動は世間に直ぐに広まってしまいます。

 
一度、自分の行動や発言を振り返る機会を作り、自分はどうあるべきかを考えて行動してみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================