プロサッカー選手は学んでいるのか

 
こんにちは守屋です。

 

【プロサッカー選手は学んでいるのか】

 

についてお話ししたいと思います。

 
高校卒業後、もしくは大学卒業後にプロになる選手達は、最初は分からない世界だからこそ、ベテランから学び、多くのことを初体験します。

 
しかし、ある一定のレベルに達すると学ぶことを本当にしているのかと感じます。

 
これはサッカー選手に限らず、企業に勤める社会人にも同じことが言えると思います。

 

 

やはり、ある程度やり方が分かってくると人間は学ぼうとしなくなってしまい、維持すれば問題ないという発想になってしまいがちです。

 
特に上位争いをするチームでもなければ残留争いに巻き込まれないレベルの中間の位置にいるチームは感じるのではないでしょうか。

 

 

上位争いしているチームにはまず、チーム内での競争があり、レギュラーになれるかどうか、そして試合に勝ち続けなければいけないプレッシャーがあり緊張感を生み出してくれます。

 
そのために、各選手は常に意識の高い練習、試合をこなしていき、更に強くなっていきます。

 
下位のチームも、チームとしてのレベルは低かったとしても、絶対に残留したいという強い意志の元に試合に対して、練習に対しての取り組みは真剣そのものです。

 
ですが、中間のチームに関しては下位には勝てる、上位には負けるという形で順位がある程度決まってくると、練習の中でも個人個人の意識にズレが生じやすくなってきます。

 
モチベーションの高い選手、出場出来れば良い選手、残留が出来て尚且つたまに出場出来れば良いや的な選手。

 
チームとしての順位が悪くなくても、個人としての成長は停滞してしまうのではないでしょうか。

 

 

特に意識していなければ、自分の年齢だけが上がり、もしチームが急に改革を行うという形になったとき、試合には出れず、移籍を余儀なくされ、移籍先のチームの練習についていけないということになりかねません。

 
残念ながら今後のJリーグでは上位のチームには今まで以上にお金も選手も集まり、逆に下位のチームには選手もお金も集まりにくくなってきます。

 
そうした中でどれだけ、個人として学ぶ意識があるかどうかが重要な鍵となってきます。

 

 

チームの雰囲気に限らず、どれだけ自分自身を鍛え、学ぶ環境におけるかが必須条件となります。

 
そのための選択肢として、同じチームに居続けるのか、それとも環境を変えてしまうのか。

 
どれだけ真剣に自分自身と向き合うことが出来るか、そんなところに注目してJリーグを観てみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================