移籍によるチームの中の学びとは

 

こんにちは守屋です。

 

【移籍によるチームの中の学びとは】
について深堀したいと思います。

 

 

各チーム、キャンプが始まる前の
期間で移籍報道があり、
新たなチーム作りとなる選手や監督を
獲得して1年を戦う為の準備をします。

 
川崎F監督、風間監督は名古屋へ、
横浜Fから中村選手は
ジュビロ磐田に移籍。

 
大宮から家長選手が川崎Fに
清水から大前選手が大宮にと
それぞれのチームで
絶対的存在の移籍などが今年は目立ちました。

 

 

その中でも今回は
移籍先の他の選手、スタッフが
学ばなければいけないこと

 
に、フォーカスしようと思います。

 

経験豊富な選手、監督から
学ぶことは計り知れません。

 
選手同士でさえ
日本代表選手と話す機会などは
ないのではないでしょうか。

 
例えば中村俊輔選手などは
誰もが認める日本の宝であり
FKはもちろんのこと、
選手として一緒にプレーできることは
高校卒業と同時にプロになる選手で
あれば嬉しいわけがありません。

 

 
同じチームになり
目で盗むことも大事なことです

 
ですが、同じチーム内であれば
私は聞きまくって良いと思います

 
・普段、栄養管理はどうしていますか
・トレーニングの際に気を付けていることは何か
・ルーティンとして守っていることは何か

 

など、経験に基づき話してくれることは
非常に価値が高いものです

 
しかも重要なのは
・同じチームであること
勝利と言う共有する目標があるので
惜しみなく話してくれる
・現役選手であること
引退してしまってはその人の全力のプレーが見れないし、話す方も視点が変わってしまう

 

過去、日本代表の練習中に長友選手は
中村選手のところにいき、色んなことを
聞いて学んでいたそうです

 
年齢を重ねるにつれ、そういう
下の選手から色々と聴かれたり
構ってくれるというのは嬉しいものです

 
だからこそ、沢山伝えて
それがチームの為ならという
考えになるのです

 

 

これは、会社組織や
下のカテゴリーでも一緒では
ないでしょうか

 

 
「学ぶことが無い人間は
何も学んでいない」

 
私は成長したいと思う人間なら
どんな環境でも学ぼうという姿勢が
なければ成長はないと思っています

 
新しい選手や監督が来るのであれば
今まで在籍していた選手は学ぶチャンスです

 

 

そのチャンスを生かして
自分の成長を大きく伸ばすこと
それが大事になるのではないでしょうか

 
そしていつかは
自分が影響力のある選手になる

 

 

その連続こそ
日本サッカー全体の底上げになると
思っています

 

 

どんな環境化でも
学ぶことを忘れずに日々、変わる環境を
チャンスと捉えていきましょうね

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================