なぜ、日本人はシュートが枠に飛ばないのか

 

こんにちは守屋です。
【なぜ、日本人はシュートが枠に飛ばないのか】

についてお話ししたいと思います。

 

 

日本のサッカーの永遠の課題として
「決定力不足」と言われます。

 
では、決定力不足を
招いてしまっている原因は何か
深堀していこうと思います。

 
1、自主練習のしすぎ

 
日本人は勤勉で努力家だと
言われることが多いです。

 
高校の時から居残り練習をして
シュート練習や、個人技を
身につけるために努力します

 
しかし、そもそも
実践では、そんな場面が
来るのでしょうか

 
相手は本気で取りに来るし
間合いも近いです

 
そんな中で練習通りにやる
なんていうのは実践的な
ものではないと思います

 

そんな自分も高校の時

せっせと自主練習をしていましたが

実践のように緊迫した状況を

自分でイメージしてやってたかと

言われたら出来ていませんでした

 
つまりは大事なのは実践のような
緊張感や流れを作って常に
シュートを意識しなければ
いけません

 
2、練習こそ本番だと思うこと

 

 

練習は試合のための準備だというのが
日本では浸透していると思います。

 
その為にチーム内競争よりも
試合の為の準備でしかない練習は
激しくやるよりも戦術理解度を
あげることに重点を置きます

 
しかし、海外に移籍した
大迫選手や原口選手が口にするのは

 

「練習中でも平気で削ってくる」

 

という言葉です。

 
つまりは、自分をアピールする為に
まずはチーム内の競争に勝つこと

 
そこで監督の信頼を
勝ち得た選手のみが
試合に出場する権利があると
いうことなんです

 
と言うことは、練習中の
シュートミスは試合でも
使えないというレッテルを
貼られるわけですから

 

試合以上の緊張感で
戦わなければいけません

 
自主練習も大事ですが
それはあくまでも補うためであり
大事なのは練習中にどれだけ
激しい中でシュートを枠に入れ
決定的なところで点を決める
自信を身につけておくかどうかです

 
3、監督、スタッフによる競争心を煽る雰囲気作り

 
選手一人だけが意識高く
練習に取り組んでも逆に
その選手が浮いてしまうという
ことになりかねません

 

 

それよりも
チームの方向性として
どれだけ選手同士に競争意識を
持たせて集中して
練習に取り組ませて

 
シュートを外したら
レギュラーから外す、もしくは
交代させられるという
くらいの覚悟でなければ
意味がありません

 
その為には
監督、スタッフともに
方向性を共有しあい、
消極的なミスは許さず、
積極的なミスは評価するなどの
細かい評価基準を決めていくべきだと
思います。

 

 
1~3がジュニア年代から
ユース年代、そしてプロまで
一貫していれば必ず決めるところで
決める選手を輩出できると
思っています。

 
その為には多くの人の協力も
必要ですし、一貫性を貫かなければ
いけません

 
私は、日本人選手が次の20年で
決めるところで決めれるFWが
多く輩出されることを願っています

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================