低予算でもなぜ強い? 湘南ベルマーレと日本サッカーの現在地 (光文社新書) 新書

低予算でもなぜ強い? 湘南ベルマーレと日本サッカーの現在地 (光文社新書) 新書

戸塚 啓 (著)

【五段階評価】

★★★★

【印象に残った言葉】

7つの「訓」と4つの「基準」を明文化

1、夢と目標をもつこと(自己実現と挑戦

2、100パーセントの集中力で練習を行うこと(本質を見失わない)

3、強いフィジカルコンディション(心技体)を自ら作る努力をすること

4、謙虚さと思いやりを持って行動すること

5、常に明るく元気よくすること

6、ファンに対して温かく接すること(地域共存意識)

7、自分のため、チームのため、クラブのため、地域のために行動する

===========

・フィジカルは強い選手ですか(体)

・チームのために行動できるメンタルはありますか(心)

・ボールコントロールの技術は高いですか(技)

・将来J1でプレーできるポテンシャルですか(可能性)

【感想】

まず、浮かんでくるのが戸塚さんがどんな風に、誰が読んでも湘南ベルマーレに関わる人々の流れがイメージできるところ。

情景が浮かんできたり、躍動感、焦燥感、期待や込み上げてくる想いが言葉に表れていてとても読みやすいです。

【どんな人が読むべきか】

ナンバーワンになりたいのはもちろん。でも、それ以上に大事なのは地域に密着したエンターテイメントでなければいけないという湘南ベルマーレの方向性は、地域密着型の会社や、今から何か新しいことを目指す人にとっては物凄く役立つ書籍。

ナンバーワンではなく、自分たちの現状と真摯に向き合い、自分たちにしか出来ない特色を出していく。それこそ「湘南スタイル」と呼ばれるものであり、自分に置き換えて自分の「スタイル」とは考えるきっかけになると思う。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================