挫折経験のある人間の強み


 

こんにちは守屋です。

 

【挫折経験のある人間の強み】
についてシェアしたいと思います。

 

 

人生、順風満帆にいって欲しいと願うものの、そんな簡単にいかないというのが人生だと思います。

 

 

受験で失敗した。初めてコンテストで入賞を逃した。就職活動に失敗した。サッカーでスタメンから外されてベンチを温める日々が続いた。

 

 

私は小学校からサッカーを始めて、小学生年代では全国大会に出場し、中学校では県選抜に選ばれて、名門校へと挫折することなく進みました。

 
しかし、全国常連の高校では直ぐにレギュラーになれることなく、中学生と高校生の走り込みの違いや技術の高さを痛感して1年間、地道な技術、体力練習をしました。

 

 

1年生だから当たり前と思う人もいるかも知れませんが、1年生から勝手に出れると思っていた脳があったのでショックを隠し切れませんでした。

 
しかし、コーチや監督に課題を指摘され、徹底的に自分の弱みを克服し、自分の長所を生かして2年で準レギュラー、3年でレギュラーを確保できました。

 

 
また、社会人になっても最初は営業として結果を残したものの、リーダーになり、経営側に回る時に、どれだけ自分が周りのことを見れていないのか、どうしてこんなに結果がついてこないのかと思い悩んで泣いた夜もありました。

 

 
ですが、こんなところで人生を終わらせたくない。負けたままの人生は絶対に嫌だと思い、奮起して頑張り今現在は独立して活動するまでに至りました。

 

 

挫折経験があると何が良いかというと、人に相談された際に、経験に基づき伝えることが出来るということです。

 

 

もちろんその経験が全てではないですが、机上の空論よりも説得力が増します。

 

 

そして、相談者が今現在、どんな状況でどんな部分で悩んでいるのかが理解できるようになります。

 

 

自分も業種や分野、年代は違えど同じような経験をしてきたからこそ、分かる部分が見えてきます。

 

 

私がそれ以上に大きな強みと感じているのは「挫折の経験が多いほど、挫折に強くなる」と言うことです。

 
挫折の定義は人それぞれかもしれません。

 
それでも多くの挫折を経験しているということはそれ以上の「挑戦」をしていることの裏返しになります。

 

 

多くの挑戦は一度で成功するほど優しいものではありません。思うように前に進めない時、全てが嫌になりそうな時、そんな時も挫折の経験が多ければ気持ちが多少落ちたとしても

 

 
「あの時の挫折に比べれば、あと少し頑張ればきっと乗り越えられるだろう」

 
と言う気持ちにさせてくれます。

 

 

生きている限り、何かに挑戦する以上、沢山の挫折があるかも知れません。

 
イチローの言葉ではないですが、

 
「壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。」

 

 

そんな風に前向きに考えて挫折と向き合えるようにしていきましょう。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。