地域密着型のサッカーチーム

 

こんにちは守屋です。

 

【地域密着型のサッカーチーム】
について深堀したいと思います。

 

地域密着型のサッカーチームと言えば、大半はそうじゃないの?と思うかも知れませんが、実際はスポンサーが大手であったりすることで地域密着よりスポンサー企業がメインとなることが多かったりします。

 

 

例えば、浦和レッズは三菱、横浜Fマリノスは日産など大手企業がスポンサーとなっています。

 
もちろんそれにより有名選手を獲得出来たり大型補強、施設の補強や環境整備を整えることが出来たりします。

 

 

逆に私が思う、地域密着型チームはサンフレッチェ広島、湘南ベルマーレ、FC町田ゼルビア、松本山雅FCなどが挙げられます。

 

 

地域密着型を一言で言えば「町の中小企業」と感じています。

 

 
地域の企業がチーム支えながら、幼少期から選手を育てていき、応援する選手は勝敗よりも街に根付いたサッカーと言う一つの「コミュニティ」を大事にする。

 

 
利益も大事だが、もっと大事なのは足を運んでくれる人が楽しんでくれる場所かどうか、と言うことに経営方針が、理念があるかどうかというところではないでしょうか。

 
しかし、選手や監督、そして現場スタッフは結果を出せば、高額の報酬を出せる大企業チームに移籍してしまうのも事実ではないでしょうか。

 
社会人の皆さんでも、自分がより評価されてお金を出してくれる場所があるのであれば挑戦したいという気持ちはあると思います。

 
それでも、地域密着型のサッカーが愛される理由は「根付いたもの」がそこにあるからではないでしょうか。

 

「俺たちのサッカーは〇〇だ。」

 

 

と言うのを選手だけではなく、足を運んでくれるサポーターが理解していること。勝つことは重要。でも勝つだけのサッカーでは面白くない。だから面白いサッカーをして勝つことが何よりも喜びになっている。

 

 

各チームによって個性は違うし、面白いと思う部分は異なってくると思います。

 

 

大企業チームの宿命は「勝利」以外にありません。それは当たり前のことであり「敗北」はチームを去ることに直結することを意味します。

 

 

地域密着型には「勝利」は必要なことではありますが、それ以上に「また試合を観に行きたい」と思わせるエンターテイメント性が必要ではないでしょうか。

 

 

色んなカテゴリーの試合を沢山観ていますが、やはり、そのチームの特色が前面に出ているチームは観ていて面白いと感じます。

 

 
もう間もなく始まるJリーグを初め、JFLや社会人リーグをそんな地域密着型の視点で見てみると自分の地域のサッカーの見方が変わるかも知れません。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================