毎日1分の「自分時間」


 

こんにちは守屋です。

 

【毎日1分の「自分時間」】
についてシェアしたいと思います。

 
情報社会と言われる現在の世の中。

 
普段、歩いていたり電車に乗っていてもスマホを触って、何かしらの情報は無いか無意識で探してしまっているのではないでしょうか。

 
情報社会の波に飲み込まれてしまうと「考える」と言う時間が疎かになってしまいがちです。

 
「考える」という行為をしっかりと時間を確保して行っている人はどのくらいいるでしょうか。

 
暇(時間の確保)がなければ出来ないことですし、テレビやネットを常に触ってしまっている人からすれば、何も触らず、観ずに頭の中だけで考えるという作業は難しく感じるかも知れません。

 

 

1年間で考えやすい時期と言うのは「年末・大晦日」と言われています。

 
1年間を振り返るのにもっとも最適な時期ですし、ニュースで流される情報の中で「振り返ってみて」「来年は…」「今年はどんな年でしたか」と言われれば自分も考えるきっかけになるからです。

 

 

しかし、考えて見れば1年の中で一度しか振り返らないのは少なすぎるのではないでしょうか。

 
そこで私は毎日1分の「自分時間」が必要だと伝えたいと思います。

 
1分はカップヌードルを作るよりも短い時間ですので手軽さがあります。

 
そして、1分間でも十分に考えることはできます。

 
1分間、目をつぶって考えて見ればわかりますが意外と長く感じます。

 
そして1分間であれば、朝の忙しい時間、夜の帰宅してきた時間でも必ずできるということです。

 
昔は必ず家に神棚や仏壇などがあり、仕事に行く前や朝に仏壇に線香などをあげる際に、手を合わせて目をつぶったものです。

 
ですが、今の時代では神棚や仏壇を置いていない家も多くあります。

 
それでも、普段から目標を紙で書いたり、一定の方角に対して、手を合わせて目をつぶって考える時間と言うのを確保するのも非常に有効的です。

 
何がメリットになるかといえば、考える時間が精神的に安定をもたらすということです。

 

流れる時間の中で、一日に必ず時間を止めるかの如く、自分時間を確保できるということは流されずに「止まる」と言う行為ができることになります。

 
止まるという行動が出来れば、周りを客観的に見ることも出来れば、本当に今の自分の行動が良い方向に進んでいるのかをジャッジもしやすくなります。

 

 
ぜひ、自分時間は1分でもいいので確保して、この情報社会の中で考えるという行為を大切にしてみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。