なぜ、「勝つべくして勝つ」ことが出来るのか

 

こんにちは守屋です。

 

 

【なぜ、「勝つべくして勝つ」ことが出来るのか】
についてお話ししたいと思います。

 

 

人生は勝ち負けではありません。
でも、人間である以上、勝ちたいという気持ちがない人間はいないのではないでしょうか。

 
それは、周りの人に勝つ。以外にも

 
・受験に勝つ
・試合に勝つ
・自分に勝つ
・誘惑に勝つ

 
など、色んな勝つがありますが、「勝つ=結果が出る」と言うことだと私は認識しています。

 

 

いやいや、結果もそうだけどプロセス(過程)も大事だよ。と言う人がいるのではないかと思います。

 

 

プロセスが大事だという人の大半は「結果を残していない」人だと思っています。

 
なぜなら、どんなにプロセスが良くても営業マンが契約を1件も取れないなら意味がありません。

 
どんなに美味しい料理を作ったとしても売れなければ意味がありません。

 
どんなに良い試合をしていても、W杯で1勝も出来なければ賞賛されることは決してありません。

 

結果を出している個人、企業、チームと言うのは必ず良いプロセスを歩んでいるかと言われたら違うかも知れません。

 
でも、結果が出たからこそ、そのプロセスがフォーカスされ始めるのです。

 

 

では、結果を出すこと。勝つにはどうすればいいのかと言うと、それは、

 

 
「自分(企業)の信念を元に、信じたことを継続すること」

 
なのです。

 

料理人が自分の作った料理に自信があるのであれば、その作品を信じることが第一です。

 

次に、なぜ売れないのかと考えて、試食してもらう機会を多く作り、多くの人に食べてもらうことを考えます。

 
そして、その中でお客様の表情を観察したり、何気ない一言をメモして、改善改良をしていくことです。

 
作った料理が全部売れるなんていうことは絶対にありません。

 
営業の人がどんなに優秀でも1日に10社回って3社契約出来れば良い方です。

 

 

勝つべくして勝つためには、常に自分の信念を信じ続けて伝え続けることが大事になります。

 
ほとんどの人が途中で諦めてしまいますが、諦めてしまってはせっかく積み重ねてきたものが台無しになってしまいます。

 
結果を残す人には必ず自分の信念と言うのがあります。

 
ぜひ、結果に拘りたいと思っている人は自分の信念がどこにあるのかを改めて考えて行動してみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓