明日への足音

明日への足音

清武 弘嗣 (著)

【五段階評価】

★★★

【印象に残った言葉】

(日本代表初)合宿に合流すると言われた時、真っ先に思ったのはうれしいとかじゃなく、「緊張するなぁ」ということだった。

【感想】

語弊を恐れずに言えば、清武選手は「普通の選手」だと思う。それは何よりも、才能に恵まれながら誰しも普通の人がもつ「メンタル」から日本代表になっていることだ。

小学生時代、明治北SSSでキャプテンだったにも関わらず審判に対して「ぶっ殺すぞ」と言ってしまう場面や、大分トリニータ、セレッソでのスタメンが外れた時の荒れた現実。

そんな部分は誰しもが経験することで、逆にずっとレギュラーで活躍する人はごく一部と言うことを考えれば清武選手の姿は、大半の人に勇気を与えてくれるのではないかと思う。

保育士になろうと思った時もあったが、「やっぱり俺にはサッカーしかないけん」と覚悟を決めたからこそ今があり、夢中で真剣にやっているからこそ周りがサポートしてくれるということに繋がっている部分はまさにサッカー小僧なんだなと感じた。

【どんな人が読むべきか】

天才ではない、自分より上手な選手がいる、いつも日の当たる時間が多かった人生から日陰に入ってしまった人など、それでも必ず強い目標があれば見てくれている人がいて、成功への道に繋がることがこの清武選手から学べるところではないだろうか。

 

どれだけ精神的な部分が試合に影響を及ぼすか、精神面にフォーカスして読んでみると面白い一冊。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================