身につけた情報、捨てる勇気がありますか?

 

こんにちは守屋です。

 
【身につけた情報、捨てる勇気がありますか?】
についてシェアしたいと思います。

 

普段、日常で何気なく読んだ雑誌、ニュースアプリや友達から聞いた情報で良いと思ったことなどあったりしませんか?

 
例えば、ダイエットには〇〇を食事に取り入れた方が良い。

 
貯金をするためには、先取り貯金が一番。

 
美容には、半身浴で発汗作用を良くすることが効果的。

 
など、沢山の情報を専門家や個人から取り入れて実践しているのではないでしょうか。

 
しかし、家に物が多くなってくると狭くなり、新しいものを入れられないように、頭の中の情報も、多くなりすぎると新しいことが入らなくなってしまいます。

 
どういうことかと言うと、

 

 

「今、最新だと思っていることは、10年後は最新ではない可能性がある」

 
と言うことです。

 
例えば、携帯電話などは、ここ10年で進化し、スマホが主流となり、今となってはガラケーを持ってる人の方が少なくなってきています。

 
ダイエットの方法でも、ブートキャンプやイージー・ドゥ・ダンササイズと言うエクササイズが流行りましたが、どれだけの人が今現在も取り入れているでしょうか。

 

 

家の中を見渡せば、その時代に流行ったもので、今はもう全く使わなくなったものがあったりしませんか?

 

 

昔のものが悪いと言いたいわけではなく、身につけた、取り入れた情報は時間の経過とともに、新しいものが生み出されるので、取捨選択する必要があるということです。

 
身につけた情報と言うのを置き換えると

 
「古い習慣」

 
とも言えます。

 

 


20代の頃は朝起きて、ご飯を食べずに会社に行っても頑張れたものの、30代で同じことをしていては体に及ぼす影響は計り知れません。

 
そこで、20代の情報から30代になったら新たな情報を取り入れて、朝食を食べるという情報(習慣)を身につけなければいけません。

 
つまり、今現在の行動や習慣、情報に対して書き出し、継続しても良いのかどうか、修正する必要があるかどうかをチェックする必要があります。

 

 

必要だと思うことは残せばいいですし、不要だと思うことは捨てて、新たな情報を取り入れて組み込んでいくのです。

 

情報の更新をしないと、急にトラブルが発生する場合があります。

 

・肌のケアをしないことで10年後にシミが急に多くなる

 
・ストレッチや運動をしていないことで10年後に骨折や怪我が多くなる

 
・会社で急にIT化が進んだが、全くついていけずにリストラになった

 

 

身体のメンテナンスと同じように、情報も日頃からメンテナンスしないといけません。

 
しかし、人間は一度身につけた情報、習慣というのは変えるのに抵抗がある人が多いです。

 
なぜなら、また面倒な手続き、意識をして取り組まなければいけないからです。

 
でも、そういう時に、

 
「昔の情報のままいたら10年後にトラブルになる。
今のうちからチェックしておこう。」

 
と思うことで、常に良い状態を維持することが出来ます。

 

 

ぜひ、身につけている今の情報の見直しをして、メンテナンスが必要なものは面倒だと思わずにしてみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


今、かなり読まれています↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

今月、多くの人が注目しています↓↓