始めることの責任、辞めることの責任

 
こんにちは守屋です。
【始めることの責任、辞めることの責任】
について深堀したいと思います。

 

先日、あるフットサルスクールが終わるとの情報を記事で目にしました。

 

 

そのスクールはFリーグの選手が指導しているスクールだったのですが、急遽2週間前に辞めることが保護者や子供に言い渡されたそうです。

 

様々な事情があり、終了することは仕方ないことだと思っています。

 

それはどんな業種でも同じことだと思います。飲食店でも、美容院やアパレルやネイル…

 
開業するものもあれば、閉店するお店もあるのは仕方ありません。

 

 

始めるということは、少なからずお客様と接していくことになります。

その中で、友達になったり恋愛に発展したり、クレームになったりと様々な対人関係があると思います。

 
それも何かを始めるにあたってのご縁ですよね。

 

でも、諸事情によって辞める際に、終わり方っていうのは非常に大事だと感じています。

 
なぜかと言うと、ある人にとっては一度しか接することのなかった場所かもしれませんが、ある人にとっては「唯一の楽しみ」と感じる場所かもしれないからです。

 

 
私の知り合いでも、行きつけのマッサージ屋が、家賃が払えなくなる恐れから辞めてしまうということを知り、いつも楽しみにしていたマッサージをどうしようかと悩んでいました。

 
この程度の関わりであればまだ良いかもしれません。

 

もしそれが「夢を遮断すること」に繋がった場合はどうでしょうか。

 

 

・投資していた牧場が経営破たんでお金が返ってこない

 

・アイドル養成所に子供を入れたが全くもって芸能界との繋がりが無かった

 
など、ニュースでも取り上げられるような事例は多くあります。

 
「しっかりと見極めないから悪い」と言う意見もあります。

 
しかし、有名な人間が広告塔としている、実際に指導してくれると言われたら信頼してしまうのが普通ではないでしょうか。

 

 

新しく何かを始めるにあたり、始める方は知識を身につけていき、そして継続する責任を持つこと。

 

 

もし、諸事情により、辞めなければいけない時には、辞め方の責任も果たさなければいけないのではと思います。

 

 
これは業種関係なく言えることかもしれませんが、特に「子供の夢」を職業にしている場合は「責任」について深く考えて貰えればいいなと思いました。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================