シンプルを難しくするサッカークラブ

 

こんにちは守屋です。

 

【シンプルを難しくするサッカークラブ】
についてお話ししたいと思います。

 

サッカーとは何ですか?とプロでも小学生でも聞けば答えは

 
「ボールをゴールに相手より多く入れた方が勝つスポーツ」

 
と言うのが模範解答です。

 
しかし、それが簡単に出来ないからゴールを取る為に私たちはこんな形でゴールを目指します。と言うのが出来上がるわけです。

 
実際にゴールが空いていればシュートを打って入れば1点なのです。

 
凄く簡単ですよね。

 
でも、それが難しいからこそ、色々な戦術を駆使して相手のゴールを狙うわけです。

 
「戦術も頭では理解しているけど…」
と言う選手がいますが、実際はとことん戦術を理解するところまで至っていないのではないのでしょうか。

 
分かっているような感覚になっているだけで、実際は理解していない、もしくは浸透しきっていないというのが事実だと思ってます。

 
世の中の大半の人が「お金は大事」だと分かっているはずなのに、給料が出たら貯金せずに使ってしまう。

 
貯金していたのに衝動買いをしてしまい、また少額から貯めてしまう…

 
お金に限らずに、分かっているけど失敗してしまうというシーンは皆さんも経験されているのではないでしょうか。

 
サッカーに話を戻しますと、戦術の理解と言うのは選手が第三者に話す際に、細かく意図や理由、動きの流れなどを説明できるかどうかと言うことだと思っています。

 
例えばバルセロナのサッカーはボール保持率を高め、相手のデンジャラスゾーンから仕掛けを行っていくという戦術です。

 
なぜ、そういう戦術なのかと聞かれた場合に、ボールを保持することは何よりのリスクヘッジになること。そしてその前提にミスを最小限に抑えるために個の技術は必須条件。
さらには相手にボールを取られた場合には、5秒以内にボール奪取のために近くの選手が全力で追いかける。
など、様々なルールがありますが、簡単に言えば相手の深いエリアに入るまではボールを繋いでいこう。

 

ボールを取られたら直ぐに取り返して同じことをしよう。

 

と言うシンプルなものです。

 
監督業で必要なのは戦術の方向性を明確にすることと伝え続けることだと思っています。

 

そして、本当に理解しているかを練習や試合から確かめつつ習得させることです。

 

 

戦術に凝るよりも、いかに選手が理解できる戦術なのかどうか。

 
そしてそれを伝え続けていき効果が出るかにフォーカスしてみるとシンプルで分かりやすいサッカーが生まれるかもしれません。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================