指導者って何者?

こんにちは守屋です。

【指導者って何者?】

について深堀したいと思います。

 

サッカーの指導者と言うのは、各地域、各年代に多く存在しています。その中で、大半の人が指導者と言う意味を本質的な部分で理解せずに、日々の指導にあたっているのではと感じます。

 

例えば、「指導者って何をするんですか?」と言う質問に対して「子供など、サッカーをする人を教える人」と言う回答をする人が多いのではないでしょうか。

 

ですが実際に指導者と言うのは、

 

教え導く者。指導する者。教育やスポーツ、芸道などの他に、政治、経営、宗教などについても用いられる。コーチ、あるいはリーダー。

 

 

つまりは、教えるのではなく「導く人」でなければならないということです。サッカーの指導者の中には、

 

・そこでミスをするな!
・なんでパスしなかった!
・とりあえずボールを持ったら前に蹴れ!

など、自分の感情で子供たちに伝えている人が多いのではないかと感じます。

コーチや監督と言うのは、子供達からすれば絶対的な存在であり、コーチの話を聞かなければいけない、コーチの言うことは正解だと認識して動きます。

 

本当の指導者と言うのは「導く人」でなければならないと言うのであれば、子供に答えを考えさせ、行動の結果に対して評価するのではなく、行動した思考に着目しなければいけないのではないでしょうか。

 

指導者だから偉いのではなく、指導者も学びの過程の人間ばかりだと私は思っています。考える力を身につけさせ、自分に何が足りていないか、自分にはどんな武器があるかを導いてあげるのが、本当の指導者ではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================