全くゼロからのJクラブのつくりかた サッカー界で勝つためのマネジメント

全くゼロからのJクラブのつくりかた サッカー界で勝つためのマネジメント

望月重良 (著)

【五段階評価】

★★★★

【印象に残った言葉】

「できるか、できないか」ではなく、
「やるか、やらないか」

「なぜ子供にスポーツをやらせるか」
答えは2つ。

1つは責任感を養うため。
もう1つは、準備力を身につけさせるため。

ファンにとって、クラブのホスピタリティより、「オラが街のクラブ」として共感する、一緒に成長する気持ちの方をはるかに求めてる

カズさんの一番印象に残っている言葉
「一日一日を大切にする。毎日100%の力を出し切る。試合でも練習でも。明日なんてないと思え!」

大事なのは「情熱」「信念」それと「覚悟」

【感想】

勝つべくして勝つ。絶対はなくても、限りなく絶対に近い状態にすること。など、経営者として、軸がぶれずにいること。

そして、拘りはあっても、執着がない部分であり、自らをベンチャー企業と称している分だけ積極的なチャレンジ精神を持っている印象を受けた。

そして、何よりも、自分よりも志が高い人の傍で学ぶことを意識か無意識か、昔から実践している部分など、見ている目線が非常に高いところに感銘を受けた。

【どんな人が読むべきか】

サッカークラブを作るにしても、経営者になるにしても、個人としても「戻る原点」を持つことを大事にしている部分は誰にでも必要な要素でないだろうか。

順風満帆な人生の中で勝者、敗者のメンタリティの両方を兼ね備えて、決断のスピードを上げていくところ。

多様な情報の中で、直観力と決断を瞬時に決め、一気に上昇していくSC相模原から学ぶべきことは多いのではないだろうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓