”才能を伸ばす覚悟”はありますか?

 

こんにちは守屋です。

 

【”才能を伸ばす覚悟”はありますか?】
についてシェアしたいと思います。

 

どんな人でも、人よりも秀でた才能を持っていると私は思っています。もし、自分には才能なんて何もないと思っている人は、才能に気付いていないか、周りから評価されている自分の能力を軽視しているのではないでしょうか。

 
日本の社会では、平均的な人間を作ることを意識してか長所を伸ばす教育よりも、短所を少なくしていきましょうという教育、指導の方が多いように感じます。

 
その背景には管理者、及び経営者が自分の思うように動く扱いやすい人間を育てることを意図的にしていたからだと思っています。

 
本当に自分自身に才能があるんじゃないかと思った時や、周りから評価され始めた時、中途半端な覚悟では社会や世間の「常識」に巻き込まれてしまい、才能が埋もれてしまいます。

 
才能が埋もれないようにするには、相当な覚悟が必要となります。

 
なぜかと言えば、その才能は自分自身でも確信が持てない状態の時期が必ずあったり、やっぱり他のことの方が自分には向いているんじゃないかと思う迷いの時期があるからです。

 
ですが、自分の中に確固たる覚悟があれば、その才能を信じやり続ける、取り組み続けることによってしっかりと才能は開花されます。

 
物凄く大きな才能じゃなくても、ちょっとした

 

・料理に関しては作ることに自信がある

 

・整理整頓には自信がある

 

・独創的なアイデアを出すと周りからよく言われる

 

 

 

など、小さなことでも周りから評価されること、自分でこれは得意だなっていう部分に気付き、それを伸ばしていき社会に還元することが出来れば、必ず自分にも返ってきます。

 
ぜひ、自分には何もないと思う自分がいるのであれば、まずは自分はどんなことが得意なのか、または周りからどんなことが上手なのか聞いてみて自分の才能の種に気付いてみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================