自分に合ったプレー環境を探す重要性

 
こんにちは守屋です。

 

【自分に合ったプレー環境を探す重要性】
について深堀したいと思います。

 
日本には地域性と言うものがあるように、サッカーにも国民性というものがあります。その国の文化として根付いているものであり、変えようのない普遍的なものに近いです。

 
イングランドでは、激しく紳士的に戦うことがフットボールには求められ、ブラジルのようにマリーシア(ずる賢いプレー)を好みません。

 
イタリアではいかに華麗に守るかという「カテチナオ」が重要視されています。

 
スペインではパスを繋いで、どれだけ美しくゴールまでの道筋を立てるか、観ているものを魅了するようなサッカーをモットーにしています。

 
ドイツは規律を重んじることこそ美しく、ハードワークやチームプレーを大事にすることを好まれ、逆に相手をもて遊ぶようなドリブルや、リスクの高いオーバーヘッドなどテクニック的なプレーは好みません。

 
オランダはゴールに熱狂を見出す文化があり、FWに身長が高い選手を配置し、前線に早い段階から蹴るサッカーをモットーにしていたりします。

 
それぞれの国でそれぞれの文化があり、その中で異国の選手がプレーするには、その国を理解することはとても重要です。

 
オランダのADOデン・ハーグで活躍するハーフナーマイク選手は、何度も日本代表に選出されていますが、代表のパスサッカーでは中々結果を残すことが出来ません。

 
しかし、所属チームでは既に2シーズンを通してリーグ戦で25得点を叩き出しています。

 

まさにオランダのサッカーが自分に合うと理解しているからこそ、結果を残せているのではないでしょうか。

 
活躍する選手を見渡せば、プレーしたい国でプレーすることも大事かもしれませんが、自分のプレーが合う環境でプレーする選手が活躍していることの方が多いと私は感じます。

 

日本では戦力外だった選手が、海外では高評価を受けていることは少なくありません。

 
ブラジル代表のフッキ選手も日本では結果が出なかったですが、ポルトガルのFCポルトへ移籍後54ゴールと結果を出し、ロシアのゼニトでは56ゴール、そして移籍金約63億7000万円で上海上港と移籍して今現在も活躍しています。

 
もしかしたらフッキ選手は欧州4大リーグのどこかで、最高峰の選手達とサッカーがしたかったかもしれません。でも、自分に合うサッカーを求めた結果、ポルトガル、ロシアと渡り歩き自分が輝ける場所を選んできました。

 

 

サッカーに限らず、自分に合わない環境で仕事をすることはストレス以外のなにものでもなく、良いパフォーマンスをできるわけもありません。

 
自分はどんな特徴があるのか、自分が最大限に生かせる環境はどんな環境だろうかと、深く調べて探すことで自分が最大限生きることに繋がるのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓