”決めきる力”とは、どんな力なのか

 
こんにちは守屋です。
【”決めきる力”とは、どんな力なのか】
について深堀したいと思います。

 

苦しい時間帯や、ここぞという勝負所で試合を決めることが出来る選手は”決めきる力”を持っています。

 
逆に試合でシュートを何本も打っているのに決めれずに試合後のコメントで、

 
「決めきることが出来なかった。決めきる力が足りませんでした。」

 
と言う選手もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか。

 

◆勝負所の空気感を感じ取れる

 
サッカーの試合では、小さなミスが勝敗を左右することが多くあります。しかし、小さなミスはもちろん悪いことですが、それ以上にそのミスにより、相手チームに流れを持っていかれることが何よりも最悪な状況を招きます。

 
逆を言えば、相手のミスをしっかりと見逃さずにチーム全体で相手エリアに迫り、ゴールを決めることが出来れば試合の流れをつかみ取ることが出来ます。

 
ここで重要なのは「チーム全体で流れを感じれるか」と言う部分だと思っています。

 
なぜなら、チーム全体で勝負所を感じ取れていなければ、今はとにかくリスクを冒してでも攻撃するのか、それともポゼッションするべきなのかと考える選手で、パスやドリブルの選択肢が変わってきてしまうからです。

 
◆決めるイメージが日常化している
決めるところで決める選手は、シュートを外してもあまり悔しがることはしません。それは切り替えの早さもありますが、自分がゴールを決めるイメージを意識しているわけではなく、常に持っている状態にあるからです。

 

決めようと意識する選手ほど、肝心な局面で力んでしまったり、枠の外へとシュートが飛んでいってしまいます。

 
さらにゴールが中々取れないことで、焦りが出てきてしまい連携がうまく取れなかったり周りとも噛み合わなくなってきます。

 
決めるイメージが日常化されている選手は、1試合得点が無かったとしても、たまたま自分のところにいいボールが来なかっただけであり、今日は俺の日じゃないくらいの気持ちでいます。

 
大事なのは意識せずに、決めるイメージ力を無意識化することです。

 
◆最後の部分で慌てない

 

最後の仕上げの部分を丁寧に行う。という表現が適切なのかもしれません。決めきる選手は相手を抜く瞬間、シュートを打つ瞬間、本当に最後の最後まで丁寧に実行します。

 

泥臭くても得点が取れることは重要なことであることは確かです。

 
しかし、決めるべきところで決める選手というのは最後の仕上げの部分を丁寧に行い、決めるべくして決めている印象を抱きます。

 
「神は細部に宿る」と言われますが、決めきる選手にはネットを揺らすその瞬間までを一つの仕事として考えているのではないでしょうか。

 

 

ぜひ、上記を参考に試合を決めきる選手に注目してみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================