「反骨心」を一時的でなく、継続する仕組み

こんにちは守屋です。

【「反骨心」を一時的でなく、継続する仕組み】

についてシェアしたいと思います。

 

反骨心とは
世間的な権力や慣わしに対して抗う気骨。反骨の精神。

 

簡単に言ってしまえば落ち込んだ時や、結果が良くない、状態が悪い時にそれを糧にするメンタリティーと言うことになります。

 

誰にだって一度は悔しい、もっとできるはず、必ず這い上がってやるという感情を持ったことはあるはずです。

 

しかし、その瞬間と言うのはやってやろうという感情が芽生えても、1週間、1か月、1年と言う風に継続してその気持ちを持ち続けることが出来る人が少ないのも事実です。

 

実際に悔しい気持ちをバネにして頑張っても、夢を諦めてしまう人、途中で投げ出してしまう人がいて、諦めなかった人が夢を掴んでいるという構図が出来上がっているのです。

 

では、反骨心を一時的ではなく、継続する仕組みは何かと言うと、

 

「絶対に視界に入るモノに関連付けて記憶させること」

 

が大事になります。

 

例えば一流のアスリートの中には子供の頃から夢を忘れない為に、

 

・部屋中に自分に問いかけるような(このままで良いのか?今の自分で満足なのか?とか)メッセージを書いて自分を奮い立たせる。

 

・苦しくなった時に、自分のミスで負けた試合のビデオを何度も見直して絶対に同じ過ちをしない為に頑張る気持ちを作り直す。

 

と言うことを維持しているからこそ、常にモチベーションを高めることが出来るのです。

 

人の感情と言うのは一時的に上がったり、下がったりするものの、時間の経過とともに薄れていくものです。

 

卒業式の別れの悲しみ、結婚式など嬉しい気持ち、優勝できなかった準優勝の悔しい気持ちなど、その時にはピークに達しても維持して何かに取り組むというのは非常に難しいのです。

 

だからこそ、常に自分の視界に入るモノに対して関連付けておくことで、嫌でも思い出すようにしておくことが大事になります。

 

因みに私は1週間に一度、決まった曜日、決まった時間に必ず自分に対して誓った信念を読み上げてモチベーションを維持しています。

 

もし、あの頃の想いを忘れてしまっているかも?と言う人は継続できるようになると思いますので試してみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================