学ぼう、勉強しよう、練習しようと思うと辛いが…

こんにちは守屋です。

【学ぼう、勉強しよう、練習しようと思うと辛いが…】

についてシェアしたいと思います。

 

どんな一流選手、どんな経営者でも、学ぶこと、勉強すること、練習することを疎かにして現在の地位を確立できた人はいないと私は確信を持って言えます。

 

しかし、学ぶことや、勉強すること。練習することが好きか嫌いかどうかは、結果とは比例しないものとも思っています。

 

例えば元日本代表の中田英寿選手は練習が嫌いで有名でしたが、ローマ在籍中にセリエAで優勝を経験、日本代表として活躍したのは周知の事実です。

 

バルセロナなどで活躍した元ブラジル代表のロナウジーニョ選手なども、試合後にはクラブに行って遊んだり、練習自体を避けるように休んだりしていることが度々報じられましたが、記録にも記憶にも残る選手でした。

 

勉強しなければ、学ばなければ、練習しなければと思うと確かに辛いですし、その結果が直ぐに反映されない時もあります。

 

ですが、練習しなければ上手にならないでしょ!という声も出てくると思います。そこで大事なことはその練習(勉強)方法であり、捉え方ではないでしょうか。

 

1、練習(勉強)の好循環を作る

 

練習(勉強)しなきゃと思うと辛いですが、練習(勉強)すれば全て解決するんだよ、ということに確信が持てるようになった上で、実際に知れば知るほど、それが結果や成長につながるので面白い!と思えるようになると練習(勉強)の好循環がきます。

 

簡単に言ってしまえば、練習のみにフォーカスしてしまうからダメであって、練習の先に必ず成長や結果が反映されることを強くイメージすること、そして実際に出た結果を受け止めて「やっぱり練習は裏切らない」と言う認識を持つことが重要になります。

 

2、練習(勉強)を好き嫌いという【感情】に委ねない

 

人間は何か行動する際に、感情に委ねて動くことが多いです。例えば、習い事というやらなければいけない場合に、

 

・雨が降っているから行くの面倒だな。今日はやめようかな。

・仕事が忙しかったし、疲れているし来週で良いかな。

 

など、「雨で面倒」「仕事で疲れた」と言う感情でやらなければいけないことにブレーキをかけてしまう傾向があります。

 

しかし、一流の選手は天候にも左右されずに、どんな状況でもやらなければいけないことを必ずやるのです。

 

それは絶対に必要なことであり、成功や勝利を勝ち取るために重要と理解しているので感情に左右されずに、継続して練習に取り組むことが出来るのです。

 

3、自分に合った練習ではない、練習の内容をちゃんと理解していない

 

・自分に合った練習ではない

 

これは特に自主練習に多いのですが、自分に合った適切な練習に取り組んでいないから継続できずに終わってしまうことが多いです。

 

英語を学びたいが、とりあえず単語から覚えようと思ったら分からないし頭が痛くなってやめてしまった。

→改善

英語を学ぶために、まずはかっこいいフレーズを使っている映画を観て、そのフレーズに出てくる単語を覚えて理解して使えるようにしたら覚えが速くなった。

 

フィジカルトレーナーの杉本龍勇さんは、日本代表の岡崎慎司選手や吉田麻也選手、堂安律選手などの走り方を指導しています。

 

足を速くするためには、
・股関節の開き
・中臀筋をつかうこと
・腕の振り

 

と、3つを変えることで速く走れると言っています。ここでは具体的な方法は割愛しますが、何が伝えたいかと言うと、自分に合った適切な走り方を知ってから練習に取り組まなければ適切な効果が出ないということです。

 

・練習の内容をちゃんと理解していない

チーム練習の中でも、実際に内容を理解している選手はどのくらいいるのでしょうか。

 

 

フランクフルトの長谷部選手は、トレーニングの中で面白いと思ったトレーニング方法をメモしたり、分からないと思ったトレーニングに関しては理解できるように監督とコミニケーションを取るそうです。

 

その中で、練習によって
・何を意図した練習なのか
・どんな時に使う場面が多いのか
・自分が監督だったらこの練習の意図はなんだろうか

 

と言うことを考えて自分の中に落とし込むそうです。


まとめますと、
1、練習(勉強)の好循環を作る
2、練習(勉強)を好き嫌いと言う【感情】に委ねない
3、自分に合った練習(勉強)をする、練習(勉強)の内容をちゃんと理解する

 

と言う3つを頭に入れておくことで、練習に対しての取り組み方も、吸収率も必ず変わってきます。ぜひ、今自分自身が取り組んでいることに対して当てはめてみて一度整理してみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================