負け続け、逆境の時こそ信じるもの

こんにちは守屋です。

【負け続け、逆境の時こそ信じるもの】

についてシェアしたいと思います。

 

試合で負け続けたり、仕事で上手くいかない、いつまでこの状況が続くんだろうか。。

 

そんな風に思う時、すでにその状態の人、一度は経験した暗黒時代…と言う人は少なくはないのではないでしょうか。

 

そんな時に何を信じれば良いのか。それは、

 

「自分自身を信じてあげる」

 

以外にないと思っています。

 

シドニーオリンピック金メダリスト高橋尚子選手が恩師から貰った言葉で座右の銘にしている言葉は、

 

『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く』

 

という言葉だそうです。

 

なかなか結果が出ない時にこそ、自分自身を信じて下へ下へと成長を深めていくことによって、いずれ大きな結果をもたらしてくれるという言葉ではないでしょうか。

 

人間は即効性のあるものに目が行きやすいものです。すぐに効くダイエット、すぐに儲けれる話、すぐに効果が聞く美容品など、多くのものが即効性を重視しています。

 

 

それはサッカーチームやサッカー選手も言えることです。すぐに結果を出したいからこそ、今が旬の選手を獲得したり、流行のスポンサーと提携したりします。

 

しかし、結果が出なければすぐに契約解除、入れ替えを行うという繰り返しです。それでは試合に出場する選手もサポーターも「結局どういう方向性でやっていきたいの?」と、クラブに対して不信感を抱いてしまいますよね。

 

すぐに結果が出なくても、信念がしっかりあり、その信念に確信があればクラブも選手も自分自身を信じ、いつか必ず結果が出ると信じ続けることが出来るのです。

 

だからこそ、自分に対して自分自身が一番のサポーターであり続けなければ逆境を乗り越えることは出来ません。

 

疑心暗鬼になったり、周りの芝生が青く感じる時期もあるかもしれません。でも、自分自身が自分を信じて、歩み続ければ必ず結果はついてくると思うことが大事ではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================