捨てるものはモノだけじゃない断捨離

こんにちは守屋です。

 

【捨てるものはモノだけじゃない断捨離】

についてお話ししたいと思います。

 

皆さんは断捨離は定期的にしているでしょうか。季節の変わり目に衣類、引っ越しや大掃除の際に古くなった雑誌や使わなくなった家電や生活用品などありますよね。

 

見える【モノ】を捨てる人は多いと思いますが、もっと断捨離しなければいけないものがあります。

 

1、人付き合い

 

何かのきっかけで知り合って番号交換、LINE交換した人でもそのまま番号が残ってたりする場合がありませんか?

 

例えばある一定の時期だけ仲が良かった人や、特定のコミニティーに入っている際にだけ知り合ったような人など。

 

現状の自分に不要だと思えば、登録削除、もしくは連絡が来ても返さないことをお勧めします。

 

なぜなら、何年後かに連絡が来る場合、たいていの場合で良い話はなく、お金の貸し借りや、何か購入しないか、会員にならないかなどの誘いだったりするからです。

 

さらに、削除していくことによって新たな人脈が自分に寄って来るようになります。

 

 

2、習慣

 

20代の時、一人暮らしで食生活も疎かにしていて、夜遅くまでゲームをしてと言う生活をしていた人でも、結婚して30代になったら自分自身の習慣の悪いところは捨てていかなければいけません。

 

「いや、そんなこと環境が変われば勝手に習慣も変えてるって。」と思うかもしれませんが、実際は独身時代の延長上で飲み会に行ける範囲で行く、夜中にどうしてもゲームをやってしまう。

 

など、多くの習慣は残ってしまうことが多いのです。また、自分自身から習慣を見直し、捨てて、新たな習慣を取り入れることが大事です。

 

サッカーでも環境が変わればトレーニング方法、鍛えなければいけない筋肉の箇所など今までの習慣を捨てて、新たな習慣を作ることで新しい環境に適応できるようになります。

 

 

3、過去の実績・結果の断捨離

 

「日本の常識は世界の非常識」

 

と言う言葉をご存知でしょうか。

 

例えば、日本で活躍したサッカー選手が欧州で戦うにあたり、日本であれば以心伝心でパスが来る、もしくは相手がどんなプレーをするのか「なんとなく分かる」で成立してしまいます。

 

しかし、欧州ではコミュニケーションが取れないのであればパスは貰えない、練習中に激しくいかなければレギュラーなんて約束されておらず、アイコンタクトなんて論外でボールが欲しければ自己主張をしろ!というのが普通なのです。

 

日本でどれだけ過去に実績や結果を出していても、違う環境になればそのすべてを捨てて、新しい結果や実績を作るために自分を変えていかなければいけません。

 

自分の軸となるものは、もちろん持ち続けなければいけませんが過去の実績や結果は役には立ちません。

 

だからこそ過去に出来たことに執着せずに、今の環境に必要なことを常に挑戦し続けることが大事になります。

 

1、人付き合い
2、習慣
3、過去の実績・結果の断捨離

 

モノ以外にもこの3つを定期的に断捨離して、常にフレッシュな状態で生活できるようにすることによって、自分という箱の中身が常に整理され、古く不要なモノ、人、習慣、過去の実績が捨てられ、新しいものが入る循環が生まれます。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================