失敗が伝えてくれるメッセージを感じていますか?

こんにちは守屋です。

【失敗が伝えてくれるメッセージを感じていますか?】

についてシェアしたいと思います。

 

生きている中で失敗を経験したことが無い人はいないのではないでしょうか。もし、失敗を経験したことが無いという人は、失敗を失敗と思わない思考の持ち主だと思います。

 

でも、大半の人は仕事や恋愛での行動や発言の中で失敗してしまったなということがあるはずです。

 

失敗したときには二度と同じことを繰り返さないようにしよう!と心に誓ったはずなのに、月日が経つと同じ失敗を繰り返す人が多いのではなぜでしょうか。

 

それは失敗に対して深く考えようとしていない部分にあると感じています。

 

失敗に対しての思考法で、

「失敗した後の行動が大事だ」

「失敗は誰にでもある、切り替えるんだ」

「失敗は成功の第一歩」

 

など、失敗してしまった事実を受け止めつつ、次に向けて切り替えるというのが一般的な失敗の受け止め方だと思います。

 

しかし、失敗してしまった事実に対してもっとも大事なことは、

「失敗した事実は、行った方法論が間違っていたというメッセージ」

をしっかりと受け止めることです。

 

 

例えば、シュート練習をしていて強いシュートを打とうとすると、大きく左にいってしまう失敗をしました。

その時に、
「力んだかな。今度はもう少し右に行くように意識してみよう」

という軽い捉え方ではダメだということです。

 

左に大きくいってしまう原因は力んでしまっただけだったのか。それとも軸足の置き方が悪かったのか。

 

流れの中でシュートを打つ時に、悪い癖が自分にあるんじゃないのか。

 

自分の中で考えられるだけの失敗してしまう要因を考えてから、修正をしなければ本当の意味での修正にはなりません。

 

サッカーに限らず、家庭の中での失敗や恋愛での失敗など、失敗はその方法が間違っているからこそ起こってしまうのです。

 

もし、何かしたの失敗を起こしてしまったときには、直ぐに切り替えるのではなく、その失敗の原因は何だったのか、どうして失敗が起こってしまった行動を取ったのかを深く考えて修正することを心掛けてみましょう。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================