気付くこと、変えることができるサッカー選手

こんにちは守屋です。

【気付くこと、変えることができるサッカー選手】

についてシェアしたいと思います。

 

順風満帆なサッカー人生の人など、そんなに多くはないと思っていますし、ほとんどのサッカー選手は人生の中に山あり谷あり状態ではないでしょうか。

 

そんな中で、感度の高い選手であれば自分の周りにいる一流の選手や監督からの言葉を受け止めて、改善しようとして行動を変えていきます。

 

しかし、大半の選手は気付くことが出来ても行動を変えることが出来ずにいます。

 

なぜ、そのように言い切れるかと言えば、イエローカードを貰うようなプレー(ラフプレーや審判に対しての抗議など)をしている選手は、同じ過ちを繰り返しやすいからです。

 

必要なプレーであり、仕方ない状況でのイエローカードであれば問題ありませんし、その後もカードを貰うことも無いかもしれません。

 

ですが、何度も年間でイエローカードを貰う選手や退場してしまう選手というのは、自分の行動が間違っていると気付いているものの、本気で変えようとしていないことを意味しています。

 

カードを貰った瞬間や、その試合の直後と言うのは反省するものの、時間の経過とともに忘れてしまうのは、本気で気づきに対して改善しようとしていないからではないでしょうか。

 

 

一番良いのは自分自身で気づき、行動を変えることです。でも、もし周りの選手や監督から厳しく注意されるのであれば、その声はしっかりと聴かなければいつまでも同じところで止まってしまう選手となってしまいます。

 

カードを貰うプレーは時と場合によっては必要かもしれません。しかし、そのプレーに対して本当に必要なプレーだったのかを考えていくことこそ、良い選手になるための一つだと思います。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================