奇跡と言われるゴールが生まれる理由

こんにちは守屋です。

【奇跡と言われるゴールが生まれる理由】

についてシェアしたいと思います。

 

様々な試合を観戦していると、ときに芸術と呼ばれるような、奇跡と言われるようなゴールシーンに巡り合うことがあります。

 

それは言葉では表現しようのないゴールだったりします。

 

敵味方関係なく、観ている全ての人が魅了されるような奇跡のゴールはどのように生まれるのでしょうか。

 

奇跡のゴールと言っても種類は様々です。ハーフラインから打ったシュートがゴールしたシーンや、残り30秒で逆転したシュートなど奇跡と呼ばれるのは、常に通常ではありえない状況でのゴールということです。

 

しかし、通常ではありえないようなゴールだとしても、そのゴールを生まれるまでに必ず前兆があるはずです。

 

例えば、90分間中央突破ばかりをしていたのに、最後の攻撃のみがクロスボールからの得点だった。

 

パスで繋いでいくスタイルの中で、カウンターとなったとき、相手GKが前に出ているのを確認してハーフウェイライン付近からロングシュートを打ちゴールした。

 

など、必ず前兆となるプレーがあってこそ奇跡のプレーと言うのは生まれるものです。

 

では、その奇跡のプレーを生むために必要なことは、90分間で思考の変化が出来るかどうかと言うことです。

 

 

もちろん試合中の直観、感覚的な部分もあるかと思いますが、大事なのは意表を突くというプレーを頭の中に常に意識出来ているかどうかと言うことです。

 

常に選択肢の優先順位がパスという選手が、残り5分でシュートという選択肢を瞬時に判断できるかどうかです。

 

試合中、自分自身がどういう風に相手に思われているか、相手だったらどんな風に攻められるのがこの時間帯では嫌なのかを冷静に判断できる必要があります。

 

選手は常に高い意識と準備をしていたからこそ、奇跡のゴールが生まれる瞬間が訪れるのです。

 

奇跡と呼ばれるゴールは、偶然ではなく、準備をしていた選手にしか訪れないのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓