勝ち続ける組織の作り方 -青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論


勝ち続ける組織の作り方 -青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論

黒田剛 (著)

【五段階評価】

★★★★

【印象に残った言葉】

柴崎岳に対して伝えた言葉

「自己発見能力と、自己改善能力を身に付けなさい。」

リーダーの資質とは

自らの足で渡り歩き、様々な人達と出会い、自らの手で険しくも新たな道を切り拓き、挫折や失敗を何度も繰り返しながら、身に付けていくものである。

 

日頃、当たり前だと感じている環境は、誰かが与えてくれたものであり、そこに感謝の気持ちを示さなければならないことは、常に選手たちに感じてもらいたいと思っている。

 

チームという組織を発展させていくイメージや発送、さらには情熱の無い者が組織の強化、運営に関わっていること自体が、低迷や衰退の原因であるということだ。

 

【感想】

中学校、高校でサッカーをしたもの、しているものであれば青森山田を知らない人はいないと思う。

 

その強さの背景には、環境面と、監督が持ち込んだ規律の部分が強いのではないだろうか。正直な話で、戦術論などの話は一切この本には出てこない。

 

でも、戦術以上に大事な、精神的な部分の強化や組織として必要な、共有できる高い目標を継続して行うことが出来ているからこそ、結果を出し続けているのではないだろうか。

 

【どんな人が読むべきか】

高校までの育成に関わる指導者には、ぜひ読んでおいて損はないと思う。なぜなら、読んで一番に感じるのは「教科書」のような問題が生じた時に、自分の指導が間違っていないか照らし合わせる回答が書かれているからだ。

 

指導者は持論というものを必ず持っているし、持論があるからこそ自信を持って取り組もうとするもの。

 

だけど、実際には持論は間違っていることが大半だし青森山田も、いまだに改善点を探しながら自己改善能力を学校全体で取り組んでいるのではないだろうか。

 

指導者として、定期的にメンテナンスの意味も含めてこの本を読んで、自分の指導者としての道が正しいか判断することが出来ると思う。

 

勝ち続ける組織の作り方 -青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論-
黒田剛 キノブックス 2017-02-08
売り上げランキング : 9140

by ヨメレバ

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。