「ちょい噛み」が理解を深めてくれる

こんにちは守屋です。

【「ちょい噛み」が理解を深めてくれる】

についてシェアしたいと思います。

 

「ちょい噛み」を皆さんはしていますでしょうか。世の中では自分が一番正しい、もしくは、正しいかは別として他人の行動に常に批判しがちであったり先入観を持って発言してしまう人がいます。

 

確かに自分が正しいと思って発言すること、行動している過去があるからこそ、今の自分がいるはずです。

 

ですが、実際はどんなに自分と異なる方法が正しかったり、良かったりしても、否定をしてしまうことで、本当に良かったのに触れる機会やチャンスを逃すことも多かったりします。

 

韓国料理はなんとなく嫌いだったけど、食べてみて初めて美味しいと感じてはまってしまった。

 

サッカーなんて興味もなかったけど、スタジアムに友達に誘われて観戦しに行ったら案外面白くてシーズンパスを買ってしまった。

 

色々と先入観が先行してしまって、行動できない、否定的だったけど、実際は面白かったり美味しかったり思っていたのと違ったということが人間関係も含めてあります。

ですが、そんな簡単に先入観や固定概念を突破して行動することは難しいものです。

 

そこで大事になるのが、

「ちょい噛み」することの重要性です。

 

何か先入観を持っていること、人間に対して最初から思いっきり仲良くしようとか、行動してみようという気持ちにはなりません。

 

だからこそ「ちょい噛み」をしてみるのです。ちょい噛みというのは一度だけ真っ白な気持ちで体験してみるということです。

 

ちょい噛み経験が理解の幅を広める

 

 

例えばJリーグにハマっていたサポーターが、プロ以外は否定的で応援する価値もないと思っていたけど、一度社会人リーグのサッカーを応援しに行ってみたら、規模は小さくても応援が直に届いている実感が沸いた。と言ってハマってしまった。

 

練習方法に対して、新しい取り組みをした方が良いとアドバイスされたが、今までの自分のやり方を否定されたようで取り組まなかったが、一度だけ取り組んでみたら翌日に体に実感が沸くほどに変化を感じられた。

 

など、ちょっとだけ試してみるという行動をすることで否定的な物事だったり、否定的な人物に対しても理解が出来るようになります。

 

もちろん、ちょい噛みしても全く自分には合わないと思ったら止めてしまえば良いだけなのです。

 

大事なのは相手が勧めていること、意見や、新しいことに対して最初から否定的であったり、拒否をするのではなく、まずは少し試してみるということが重要ということです。

 

ぜひ、自分の人生の中で否定的だったことや先入観で拒否反応を示していたことがあるのであれば、ちょい噛みを試してみて下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================