自分から乗り越えに行く壁をもっているか

こんにちは守屋です。

【自分から乗り越えに行く壁をもっているか】

についてシェアしたいと思います。

 

夢や目標の設定には賛否両論ありますが、実際に「夢や目標はそもそも人生にとって必要なのかどうか」から、考えることも大事だと感じています。

 

今の世の中、ライフスタイルは様々であり、稼ぎ方も多種多様になっており、一昔前のように、企業に勤めて稼いで出世が全て。という時代ではありません。

 

人生で夢や目標を全く持たなくても幸せな生活を送れる人もいます。そういう人は今日のテーマとは無縁なのでタブを閉じて貰っても構いません。

 

伝えたいのは、スポーツや企業、個人で夢や目標を持ったときに、どんな設定をすることでどんな壁が待ち受けているかと言うことです。

 

分かりやすい例で言えば、高校サッカー選手権、目標が優勝ということで取り組んでいる強豪校は多いと思います。

 

ですが、選手の中にはより大きな目標で、

「世界一のサイドバックになる」
「ビッククラブで10番を背負う」
「年棒100億の選手になる」

という壮大な夢や目標を設定している人に、高校サッカーで優勝するという結果は通過点であり、そこで燃え尽きることはありません。

 

さらに言えば、高校生活の中で良い選手じゃなかったとしても、Jリーグに入り、自分の大きな目標に取り組んでいれば、どれだけ壁が大きくても進んでいる限り、必ず乗り越えられるのです。

 

しかし、目標が小さかった場合、壁を乗り越え達成してしまったとき、次の目標を見失ってしまいます。

 

なぜなら目標が小さく、達成後はまた目標を見つけるまでに時間がかかったり、目標がない期間は自分が何のために取り組んでるのか分からぬまま時間だけが経過してしまうからです。

 

受験勉強も良い例ではないでしょうか。受験のための勉強なのか。それとも自分の目標や夢から逆計算したときに、その学校に入学することが一番良いと判断して入学するために勉強に取り組む。

 

 

自分から乗り越えに行く壁を持っているかどうかは、自分の目標や夢の大きさに比例します。

 

これはあくまでも何かしらの目標や夢を持っている人に対して伝えていることですので、絶対に夢や目標を持てというわけではありません。

 

ただ、夢や目標を持つのであれば、高い方が確実に自分を成長させ、自分から乗り越えに行かなければいけない壁を見つけられるということなのです。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================