後悔最小化理論

こんにちは守屋です。

【後悔最小化理論】

についてお話ししたいと思います。

 

誰しも、人生で決断をする際に、もう一つの道を歩んでいればどんな道があったんだろうと考え、そちらの道が華やかであればあるほど自分は選択を間違えてしまったのではないかと後悔することがあるのではないでしょうか。

 

例えば、18歳の時にJリーグのクラブから誘いがあり、プロになるか進学かで決断を迫られた際に、進学という道を選んだものの、怪我をしてしまい選手生命を途絶えてしまった。ある選手はプロの道を決断したことで、新人賞に得点王とプロで活躍し、日本代表入りを果たして欧州へと舞台を移した。

 

もし、あの時に自分のプロの道を選んでいればと後悔をし、何度もあの時なぜ、自分はこっちの道を選んでしまったのか。そんな経験をしている人もいるのではないでしょうか。

アマゾン創業者のジェフベソフは、自分が以前働いていた職場を退職して、オンライン書店を始めるつもりだと友人に語っているときに、別の仕事とインターネットに関して悩み抜いたあげく、後悔最小化理論なるものをひねり出しました。

 

「いろいろと悩みに悩んでいると、細かな部分にとらわれてわけがわからなくなってします。でもたとえば、80歳になったとき、1994年の半ばという最悪のタイミングでウォールストリートの会社を辞め、ボーナスをもらいそこねたなぁと思いだすことはありえません。

 

そんなの、80歳にもなってくよくよすることではありませんからね。逆に、このインターネットというもの、世界を変える原動力になると思ったものに身を投じなかった場合、あのときやっておけばよかったと心から後悔する可能性があると思いました。

 

こう考えると…決断は簡単でした。」

 

こう語られています。

 

それを読んで私は、サッカー選手が移籍を決断したり、欧州で戦い続けることは自分の可能性を信じることへの挑戦以外への何物でもないなと感じました。

 

死ぬ間際に思うことは「やってきたこと」ではなく、「やらなかったこと」だと言われています。

 

たった一度の人生で、後悔が全くない人生は難しいかも知れません。それでも、後悔を最小化するために、未来の自分を想像して、どう行動すべきかを判断していくことが大事ではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓