「書き出す」ことは自分へのカウンセリングの第一歩

こんにちは守屋です。

【「書き出す」ことは自分へのカウンセリングの第一歩】

についてお話ししたいと思います。

 

悩み事やスランプ、やりたいことが分からないという経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。どうしていいか分からないときに友達に相談したり、カウンセラーを利用することも大事なことだと思います。

 

ですが、他人に自分の気持ちややりたいことなんて、所詮分かるはずもないと感じる人がいるのも事実です。

 

そういう人には、まず「書き出す」ことをお勧めします。自分の悩みやスランプに陥っている事柄、本当にやりたいことなど何個でも良いので書き出してみましょう。

 

そして、本当に大事なこと以外は消してみます。すると、本当に悩んでいること、やりたいことが浮き彫りになってきます。もちろん紙に書いても良いですし、スマホにメモする形でも良いので残しておきましょう。

 

サッカー名門校の寮部屋では、必ず自分の目標を部屋の見えるところに書き、常に志を忘れないようにしているところがあります。

 

考えすぎてしまうと、本当に悩んでいること、やりたいことからいつの間にか離れてしまう。

 

そうならない為にも書き出し、本当に自分がやりたいこと、悩んでいることを書き出し、優先順位の3つ以外は消してしまうことで、常に解決しなければいけない事柄にだけ集中できる思考を作ることができます。

 

ぜひ、思考を具現化する「書き出し」をして自分自身の思考を整理してみると良いですよ。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================