「どうせ汚れるのに、なんで磨くんだろう」スパイクの手入れ

こんにちは守屋です。

【「どうせ汚れるのに、なんで磨くんだろう」スパイクの手入れ】

についてシェアしたいと思います。

 

サッカー選手でなくても、身の回りの人、ものに対しての考え方というのは非常に大事だと感じています。

 

 

・ユニホームは汚れたら洗う
・ソックスも泥だらけになったら洗う
・ご飯を食べたら歯磨きをする
・一日の疲れ、汚れを取る為に、お風呂で身体を洗う
・スタジアムで観戦したら、出したゴミを拾って帰る

 

 

試合中の給水ボトルだってスタッフが、選手の助けとなるだろうと思って置いてある。

 

 

スパイクも身体の一部であり、使用して汚れたのであれば、磨き続けなければいけないものであります。なぜなら、そのスパイクが自分の勝負を左右する運命共同体であり、魂を宿らせなければいけないものだからです。

 

 

磨かなくてもいいスパイクが多くなった今の時代、靴を磨く時間は1人の時間であり、物の大切さや、選手にとってスパイクと一緒にどんなサッカーをしようかと描く時間でもあるはずです。

 

 

消耗品であり、プロであれば磨かなくても買い替えも自由にできるもの。当たり前にあるものこそ、本当に大切にしなければいけないものではないかと感じます。

 

 

サッカーチームによっては、ホペイロという職業を雇っているクラブもあります。

ホペイロと言うサッカーに関わる職業をご存知ですか?

http://wp.me/p7QRFQ-44

 

スパイクを磨くプロに託せば良い状態に仕上げてくれることは言うまでもありません。ですが、自分の仕事用具でもあり、大切な体の一部分だというのであれば、思い入れを持ってもいいはずです。

 

 

自分磨きに一生懸命な人は多いはずですが、道具やモノに関して粗末に扱う人に一流はいないと思っています。それは、自分だけで世界が成り立っているわけではなく、周りの人、物に支えられて今の自分がいるからです。

 

 

そのことに気付いている人間は、感謝の気持ちを持ち続け、周りの人やモノに支えられ一流となっていくのではないでしょうか。

 

 

ぜひ、自分自身をメンテナンスすることも大事ですが、身の回りの人やモノに感謝の気持ちを伝える、感謝の気持ちを持ってメンテナンスしてあげてみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================