言われたアドバイス。大半の人間がやらない理由

こんにちは守屋です。

【言われたアドバイス。大半の人間がやらない理由】

についてシェアしたいと思います。

 

生きている間に、色んな人からアドバイスを受ける機会があります。家族、先生、友達、近所のおじさん、指導者、赤の他人、本やテレビ等。

 

人は成長したい、何かを達成したい、結果を出したいと思い、自分ひとりではどうしようもない状態になったとき、アドバイスを求めるものです。

 

ですが、大半の人間はそのアドバイス通りに始めたものの、途中でやめてしまう、もしくは自分色にアレンジしてしまう。または、最初からやらないというのが現実ではないでしょうか。

例えば野球界でイチローを知らない人はいないと思いますし、イチローが素晴らしい選手というのも誰もが知っています。

 

そんなイチローと会う機会があり、500人の参加者が集まりました。そこで司会の方が子供たちに質問する機会を作ってくれました。ある子供が、

 

「イチロー選手みたいに多くのヒットを打ちたいのですが、どうすればいいですか?」と質問がありました。

 

そこでイチローが、
「毎日200本の素振りをすることです。毎日です。それが基本となります。」

 

と、答えたとします。それを聞いた子供の中で毎日200本の素振りをする人間はどの程度いるでしょうか。

 

きっと1週間やり続けることは大半の選手が出来るでしょう。1か月後には、「今日は疲れたから明日400本やる。」というふうに言われたことを出来ない選手も出てくるでしょう。

 

そして1年以上継続して、毎日200本素振りをやり続ける子供は1人か2人だと思います。

 

なぜ、そのように言えるのか。

 

それは、ほとんどの選手が本当にイチローになりたいと、心の底から思っていないからです。もし本当に毎日200本素振りをするだけで、メジャーで活躍し世界から注目される選手になれると心から思っているのであれば、止める理由がないはずです。

「やれば成功する」ことを、やり続けて成功する

有名、無名に限らず、必ずと言っていいほど成功や結果を出している人間は何か一つのアドバイスを忠実に守って取り組み続けているのです。

 

なぜなら、「やれば成功する」「やらなければ成功しない」というシンプルな仕組みを頭でっかちにならずに理解し実行しているからです。

 

「でも」「だけど」はやらない言い訳を作って逃げているだけなのです。

 

アドバイス貰えるだけでも、私はありがたいと感じるタイプですが、もしこれを読んでいる方の中に、自分は「でも・だけど人間かも」と思う方がいるのであれば、ほんの少しだけでも、「素直に行動してみよう」という習慣を作ってみて下さいね。

 

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================