「今」に集中できない選手は、周りに影響されやすい

こんにちは、守屋です。

【「今」に集中できない選手は、周りに影響されやすい】

についてシェアしたいと思います。

 

多くのサッカー選手にとって、シーズン終盤になると次の契約更新があるのかどうか、自分の希望の移籍先が見つかるのか、年棒が上がるのか下がるのか気になるところですよね。

 

これは社会人でも同じことが言えます。自分は大企業だから終身雇用だと思っていた時代から、大企業だからこそ一斉にリストラされるという時代になって、先に動いた人間の動向が気になったり、周りが自分をどんな風に見ているか意識してしまうものです。

 

では、なぜそのような周りを気にしてしまい、影響されやすくなってしまうかというと、「今」に集中していないからです。

 

人間は忘れやすい生き物です。

学生時代、卒業式を終えて社会人として旅立つときの決意を強くして春を迎えたはずなのに、1年後には会社を辞めてしまい、コンビニでアルバイトをしながら家でユーチューブを見る生活を送ってしまっている。

 

高校卒業と同時に、プロサッカー選手になったものの、プロという厳しさの洗礼を受け、出場機会も減ってしまい、練習が午前中で終われば時間があるのでパチンコとタバコで時間を潰してしまう。

 

「今」の積み重ねが、未来の点につながる道

「今」に集中し続けることが出来れば、決して周りに影響されることはありません。どんな状況でもやるべきことが明確であり、そのやるべきことを淡々とやっていけば自分が目標とするゴールに到達することが出来るとわかっているからです。

 

「今」という時間や瞬間に集中できなくなれば、隣の芝生は青く見えるように、自分の友人が楽しそうに遊んでいるのが羨ましくなったり、他のチームで活躍している同級生に対して、「選んだ環境がよかった。」「俺もあの環境であれば活躍出来てレギュラーだった。」という風に周りに影響されてきます。

 

隣の芝生が青く見えたり、「あいつはあの環境だから。」と思ってしまうのは、今に集中していない証拠なのです。

 

「今」この瞬間に集中して、やるべきことを一つ一つ取り組んでいくことで、周りに影響されることなく満たされた生活を送ることができるのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。



=================

Twitterフォロー お願いします(^^)

twitter→こちら


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加
※無料特典有り

=================