自分だけのキュレーション、持っていますか?

こんにちは、守屋です。

キュレーションという言葉を皆さんはご存知でしょうか。IT業界では当たり前のように使われる言葉ですが、皆さんも知らない間に利用しているかも知れません。

キュレーション 特定の視点を元に情報を収集、選別し、一般に共有することを表すインターネット用語。膨大な情報の流布するインターネット時代に、「有益な情報だけを探す」ニーズが生まれたこと、また、個人で「情報をまとめたい」「情報を自分でまとめて他の人に見せたい」欲求が高まったことから広まった。出典:はてな

代表的なものには、

・NAVER まとめ
・はてな

などが挙げられますが、今回伝えたいのは「自分だけのキュレーション」を持っているかどうかということです。

 

どういうことかといえば、情報という一つの箱の中に自分が必要とする人間からの情報を、いつでも受け取れる状態にしてあるかどうかということです。

サッカー選手の場合

 

・筋肉系
→筋肉専門医及び、トレーナーの情報発信を受け取れるようにしている

 

・税金系
→スポーツ選手専門の税理士、またはサッカー選手における税金対策の専門家

 

・サッカー関連
→自分にとって有益だと思われる情報を配信している指導者、選手、監督及びクラブなど

今の世の中で情報というものは、勝手に向こうから自分の方へと向かってくることの方が圧倒的に多いです。

自分では不要だと思う情報でも、視界に入れば脳の中に残り本当に必要な情報の妨げになってしまいます。

そこで、本当に必要だと思う企業、人からの情報を能動的に集めれるようにしておくことが重要です。

 

能動的に、必要な情報を入れる習慣を

自分の意志と関係なく取り込んでしまう受動的な情報というのは不要なことが多く、本当に必要な情報というのは能動的に取り入れるものだと考えています。

 

サッカー選手が、移籍を希望していた場合、自動で移籍に関する有益な情報が手に入ることは少ないでしょう。

 

ですが、移籍する地域の国や都市、クラブなどが配信する情報をチェックする習慣を身につけておけば、本当に必要な情報をいち早く得ることが可能になります。

 

もちろん社会人の皆さんであっても、自分だけのキュレーションを持つことは重要です。

 

本当に大事な情報を早い段階で手に入れることは、この情報社会の中では必要不可欠だと感じます。

 

ぜひ一度ネット上で収集する前に、紙でもなんでもいいので、各ジャンルによってどんな人から情報を得ることが、自分にとって有益かどうか考えてみてくださいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================