誠意は行動でしか証明できない


こんにちは、守屋です。

誠意 私利・私欲を離れて、正直に熱心に事にあたる心。まごころ。出典:デジタル大辞泉

 

何か人にお願いをするとき、自分がある人を必要とするとき、交渉するときなど、他社、他のクラブと圧倒的な差があっても自分のところへ来てくれる決断させる最後の決め手は誠意ではないでしょうか。

 

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で広島カープ、スカウト統括部長・苑田聡彦さんの流儀を放送していました。

惚れる力 ― カープ一筋50年。苑田スカウトの仕事術
坂上 俊次 (RCC中国放送アナウンサー) サンフィールド 2015-11-07
売り上げランキング : 672

by ヨメレバ

 

当時、東都大学リーグ2部に所属していたダイヤの原石である黒田博樹に目を付けていた苑田さん。ですが次第に他の球団も注目するようになりました。

 

大学生、社会人選手は逆指名が出来るために、資金力のある球団に選手を獲得されてしまう恐れがありました。マネーゲームでは勝ち目がない。足で通い姿勢を見せ続けるしかない。

 

苑田さんの手帳には、
「〇〇一位(指名)の可能性がある」
と書かれていました。

 

広島には資金がありませんでした。あるのは誠意のみ。ただただ通い続けました。ドラフト会議まで3週間と迫ったある日、黒田から連絡がありました。

「他球団が一位指名でもカープに入団したい」

黒田さんはその当時の決断について、

「昔から自分のピッチングをずっと見続けたことに対してね、そのひと言ひと言が説得力があって。口先だけではね、いくらでも言えますけど、そういう行動をされた方にね、言ってもらえたってのが大きかったんじゃないかなと思いますね。」

 

誠意は行動でしか証明できない

たしかに誰かと交渉する際に、金額が誠意と考える人もいるかも知れません。でも、それ以上に本当に必要としているのか、欲しいという熱がちゃんとあるのかを伝えることこそ誠意であり、人の心を動かすのではないでしょうか。

 

逆に言えば、お金があったとしても行動しなければ、熱意を見せなければ誠意は伝わず、人の心を動かせないということです。

 

何かを必要としたとき、言葉だけでなく行動という誠意で証明することが何より大切だと頭に刻んでおきたいと思います。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


今、かなり読まれています↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

今月、多くの人が注目しています↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。