大切なことを先延ばしにしていると感じたら

こんにちは守屋です。

 

誰にだって一度は大切だと思っていることなのに後回しにしてまったり、大切な人にちゃんと自分の気持ちを伝えないといけないのに、先延ばしにしてしまったりという経験はあったりするのではないでしょうか。

 

・勉強しようと気合を入れたのに、まずは身の回りの整理整頓を始めてしまい、久しぶりに見つけた漫画を読んで時間が経過してしまった。

 

・話し合わないといけないことがあるのに、切り出せずに時間だけが過ぎていく日々が長く続いた。

 

・取り組もうと思っていた物事があるのに、なかなかまとまった時間を作れずに結局取り組み始めたのは1か月後だった。

 

など多くの人が大切だと思っていることでも先延ばしにしてしまうという行動をしてしまいます。

大切なことを先延ばしにする理由

大切なことを先延ばしにする理由を色々と考えてみると浮かんでくるのは、

 

・進むべき道が明確に分かっていないこと

 

・自分の中に迷いが生じていること

 

・大切だと分かっていても、楽な方向に逃げたい気持ちが優ってしまうこと

 

だと思ったのです。さらに、先延ばしにするとどうなるかいうと、時間の経過とともに

・不完全燃焼感が出てくる

 

・モチベーションが下がってくる

 

・感情が憂鬱になってくる

 

などの症状が出てきて大切なこと、もっと夢中になれることが実は別にあるんじゃないかと過去の自分への確信より、現実の今を見ることなく、まだ見ぬ新しい自分を探し出す思考になってしまいます。

学習不足が生む迷い

なぜ迷いが生じてくるのかと考えたとき、その理由は学習不足によるものが強いのではないかと考えます。

 

なぜかと言えば成功というのは頭の中で作られると言われており、その成功イメージが具体的であればあるほど成功に近づけるものです。

 

その成功を具体的にイメージするために必要なことは何かといえば、知らないことを学び、成功までのプロセスで必要な情報・知識を身に着けていく以外にないのです。

 

サッカー選手がプロとして成功を収める。その選手の成功の定義がチャンピオンズリーグで優勝するということであれば、その為には具体的なイメージから始めなければなりません。

チャンピオンズリーグで優勝できるクラブに所属するために必要なことは、

・高い水準の基本技術
・最低でも2カ国語以上の語学スキル
・どの監督、選手とも深いコミニケーションが取れるような教養
・唯一無二と思わせる自分の長所

など具体的にイメージし、考えれば自ずと学ぶことは限られてきて、迷いなど生じることが無いということです。

大切なことを先延ばしにしてしまう習慣があるのであれば…

もし、自分の中で大切だと思うこと、大切だと思っている人がいて何かしら先延ばしにしているなと思うのであれば、

 

そもそも本当に大切にしていない、大切だと思っているだけで迷いがあるかも知れないと自問自答することも必要です。

 

本当に大切なこと、人であれば先延ばしになんて出来るわけがないのです。

 

なぜなら、先延ばしにすることで万が一取り返しのつかないことになった時に、一生後悔してしまうことを理解しているからです。時間が戻ってくることは絶対にありません。

 

ぜひ、大切なことを先延ばしにしているかな?と感じる場合は、改めてその大切なこと、人と思っているものは自分にとってどんな存在であったりことなのかを考えてみることも良いかも知れませんね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓