一つのことを突き詰めながら、ときに周りも見渡す習慣


こんにちは、守屋です。

人は往々にして何かのプロフェッショナルになるのには時間を要すると言います。

・1人前になるには3年はやり続けろ
・時間をかけなければ本物にはなれない

そしてその時間の為に他のことを犠牲にする覚悟があるかと、問うこともしばしあるかもしれません。

 

ですが、実際に一つのことしか知らないという環境は、何かしらの理由でその物事が出来なくなった場合の代償は計り知れません。

・営業の仕事しかしてこなかった人が、定年後に何もやる気を見いだせずに認知症になってしまった。

・専門職に就いていた人が、時代の変化と共に職を奪われてしまい生きること(稼ぐこと)が困難になってしまった。

など60歳以上の方で急に目的が無くなってしまったり、日々のルーティーン(仕事)が無くなってしまい一気に老化が進んでしまったというのは男性に良くある話です。

女性はコミュニティに属したり古くからの友人と旅行に行ったりと、アクティブに行動することが多いですが、仕事一筋で生きてきた男性にとって新しいコミュニティに60歳以上から入ることや、何かに挑戦することは苦手であると言われています。

私の父も仕事一筋で生きてきた人間ですから、この先のことを考えると今からでもジムやコミュニティに属して仕事以外の楽しみを作っておいて欲しいなと感じる今日この頃です。

 

一筋でやることは大事だが、他の体験は物事を別の角度から考える経験に。

サッカー選手が毎日トレーニングすることは大事なことの一つかも知れません。ですが、それ以上に他のスポーツの体験や趣味を持つことも非常に重要だと感じます。

 

その理由は、他から得られる体験はその選手の知識の幅を広めて物事を色んな角度から考えるきっかけになるからです。

サッカー選手がボールを蹴る角度を、物理学の観点から考えたら新しい発見があった。

サッカー選手が心理学を学び、試合中の仲間への声かけの質、タイミングなどに最も適した状況を発見した。

 

など一見、趣味や他のスポーツを体験することは、すぐに何かしらの発見が無いかも知れませんが、サッカー選手として新たな気づきとなる人格形成に役立つことになります。

 

もちろん社会人として生活している人でも、昇格を目指しているのであれば、同じ業界のことを学ぶだけではなく、異業種の交流や経験をすることでプラスになることもあるでしょう。

 

ぜひ、これから目標や夢を達成するために一つのことに集中して突き詰めようとしている人は、少しだけ他の業種や気になることを体験して頭の経験幅を広くしてみることをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。