知らない間に色んなことに対して、食わず嫌いになっていませんか?


こんにちは、守屋です。

子供の頃は何でも興味津々だったはずなのに、物心ついた時から目で見ただけで判断したり、聞いただけで拒否反応を示すようになり、同じものばかりを着たり食べたりすることが知らない間に起こっていたりしないでしょうか。

 

成功者で有名なフェイスブックのマークザックバーグ、アップルのスティーブ・ジョブズなどは同じ服を着ることで有名です。

世界の成功者たちが「毎日同じ服を着る」興味深い理由

それは自分が行う最優先の仕事の中で、意思決定の連続が行われるために無駄な意思決定を無くすためと言われています。

 

そういう理由であれば同じ服を着たり、同じ食べ物を毎日食べて重要な決断の為に意思決定の数を減らすということは問題ないかと思います。

ですが、今回伝えたいことは日常の中で何かを変えたいと思っている人が、自分の好きと思えることの範囲でしか変えていないが故に食わず嫌いになっているのではという部分にフォーカスしています。

 

好きなことに囲まれる安心感は、新しい発見と刺激を失わせる

あるサッカー選手は、ピッチの中でどうしても反りが合わないと思っている選手がいました。プレースタイルも違えば生活スタイルも違うために練習後に食事に行くこともありません。

そして気が合う選手同士で一緒に食事に行ったりコミュニケーションを取っていました。しかし、試合中にその選手に、

「お前のパスはいつも俺の欲しいところに来ない。どこを見ているんだ!」

と連敗続きだったこともあり、喧嘩にまで発展してしまいました。その日はお互いに険悪ムードで終わり、自宅に帰って妻にその話をしたところ、

「ねぇ、その選手の本音って聞いたことあるの?一緒に食事したりクラブに対してどう思っているかとか、どういうプレーをしたいとかじっくり聞いたことある?」

と言われて、間髪入れずに選手は、

「いやいや、あの選手はそういうこと聞いても分かる人間じゃないんだよ。普段から周りと仲良くしてるところ見たことないし一匹狼みたいなところがあるんだよ。」

と言ったものの、妻は、

「それって話してもないのに決めつけてない?しっかりと話し合った結果として意見が合わない、価値観が合わないなら分かるけど、まだ話してもないのに決めつけるのは良くないんじゃない?」

と言うので言葉に詰まってしまいました。翌日、スタッフが気を使ったのか練習後のランチを急遽スタッフとその選手と自分の3人で取ることになりました。

すると途中でスタッフは席を外して二人きりになりました。最初は気まずい空気が流れたものの、その選手から自分に対して取った発言や行動の謝罪、そして自分がどんな風にサッカーに対して考えているか、クラブをどうしたいかを聞くことが出来ました。

その選手は予想外と言っていいほど、クラブのことを考えていて、実際は一匹狼どころか他の選手とコミュニケーションを図るためにカフェに連れて行ったりトレーニング場とは別で年下の選手と個別練習をしたりしているとのことでした。

分からない恐怖より、知って確かめる勇気をもつ重要性

上記はあくまでも例ですが、どんなことにも当てはまることではないかと思います。最初にも伝えたように重要な意思決定がある人にとって、別のことでは比較的意思決定を少なくするために同じものを食べたり着たりすることは大事です。

ですが、何かを変えたいと思っている人やきっかけが欲しいという人にとって居心地の良い空間や集団に属していることは安心と引き換えに、新しいことやリスクと思われることに対してはどんどん臆病になっていきます。

 

それがどこかの役所のお偉いさんであったり、どこかの政治家であったりするのかも知れません。

 

ぜひ、今の生活が居心地がいいなと思うものの新しい挑戦をしたいという人は、今までに自分からは話すことが無い人、自分が経験していないけど「なんとなくこうだろうな」と分かったつもりでいること。もしくは違和感を感じるようなモノに挑戦してみることをおススメします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。