あなたの思考「言語化・図解」で説明できます?

こんにちは、守屋です。

最近はまっていることは図解です。例えばある企業や個人に対して何か問題点や新しいアイデアが無いかと言われたとき今までの自分は、

・言葉にして伝える
・文字に起こして伝える
・実戦で伝える

ということをメインに活動してきました。もちろんその中で分かりやすく「伝える」ではなく「伝わる」を意識してきましたが最近は「図解」という分野に挑戦しています。

なぜ、図解に挑戦しようと思ったかと言えば自分の伝わるオプションの引き出しを多くしたいと共に、

・見ただけで理解されやすい

という需要を逃しているんじゃないかと思ったからです。

歴史を伝えるのに、アプローチは様々あるもの

例えば坂本龍馬という歴史上の人物を伝えるのに、

・大河ドラマ
・漫画
・小説
・歴史博物館
・伝記

など様々あるわけです。

つまり何かを伝えるにあたり、一つの伝える手段のスペシャリストになることも当然重要なことですが、もし自分が教える組織やグループに

・言葉より図解が分かりやすい
・図解より漫画が分かりやすい
・漫画より映像の方が分かりやすい

という人がいたらどうすることがベストだろう。と感じたわけです。

もちろん漫画や小説、映像編集には時間や特別な技術も必要になります。ですが、伝える手段の選択肢が一つというのは自分の為にも、そして学ぼうとしている人の取りこぼしになっているのではないかと考えました。

分かりやすいと言われる指導は、教わる人の目線を意識しているかがポイントに

あるサッカー指導者は、子供に対して日頃のトレーニングと並行してサッカーノートを書かせることにしました。

指導者はトレーニング後にノートを回収して、夜に全てのノートにコメントと図解で改善点や頑張っている部分を書きました。

すると子供はもちろんのこと、子供の親からも教え方が上手で理解しやすいと評判になり少年団には口コミで人が集まるようになりました。

伝わる選択肢をいくつ持っているか

自分自身もまだ未熟であり、もっと分かりやすくもっと伝えるではなく「伝わる」が多くなるようにどんな手段があるのかと考えることが大事だと感じました。

 

どれだけ素晴らしい思考の持ち主でも、どれだけ素晴らしい実績を持っていたとしても、それを伝えようと思ったとき、「伝わる」ことが出来なければ意味がないはずです。

 

今後もより分かりやすく伝わるように日々学び、精進していきますので今後とも読者の皆様、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。