衝動に駆られて行動できる人間の強みと弱み


こんにちは、守屋です。

以前、Twitterに衝撃で動く行動についてこんな考えを投稿しました。

何事にも当てはまることですが、衝動で心を動かされる機会は人生のターニングポイントである場合もあります。

自分の人生を決めてくれるような人やモノ、作品への出会いは滅多にありません。だからこそ、その心を動かされる衝動を大事にしたいと思って行動する人は多いかと思います。

井手口選手の海外挑戦で感じた衝動で動く強みと弱み

ロシアワールドカップ本大会メンバー23人が発表され、井手口選手は落選しバックアップ選手として帯同する形になりました。将来有望な若手選手であり、ワールドカップ本大会出場を決定づける得点を決めた張本人でもあります。

 

本大会出場が決まった後、井手口選手は海外移籍を決意しました。それはまさに世界との差を感じた衝動からくるものでした。

 

それでも海外挑戦を決意した理由を訊かれると、井手口は「全てにおいてレベルの差が違いすぎた」とキッパリ。具体的に日本代表が昨年戦ったブラジル戦、ベルギー戦の2試合をあげると、「今すぐにでも行きたいっていう気持ちにさせられました」という。

この2試合で判断やパス、攻守の切り替えなど全てのスピードで差を感じたという井手口は、「すごく衝撃を受けました。子供と大人っていうくらい差を感じた。上には上がおるんやなって」と語り、世界との差を縮めるべく厳しい環境に身を置くことを決めた。 「今すぐにでも行きたい」 井手口陽介が海外挑戦を決めた理由

今現在は試合出場はおろかサブメンバーにも入れない状況が海外で続いています。ですが日本でサッカーを続けるよりも海外で学ぶことの方が多いと感じて行動することは井手口選手の強みでもあります。

大半の人は、自分自身が本当に通用するかどうか未知数の環境に身を置くことはリスクであり、出場して活躍することが補償されている環境を選択するものです。それも踏まえて挑戦する行動力は強みであり評価するべき部分です。

 

もし、衝動に駆られた後に一呼吸して冷静になっていればまた違った世界があったかも知れない

海外で活躍する為にはたとえサッカー選手で無かったとしても

・人間性(社交的・楽観的など)
・言葉の壁(コミュニケーション)
・環境への対応(柔軟性)
・突出した個性

などが無ければ難しいものです。

 

それを踏まえて、もし井手口選手が移籍するのがロシアワールドカップが終わった後であったらどうだっただろうかと考えるとまた違った結果になっていたかも知れません。

 

決して行動したことが悪いと言っているわけではなく、海外挑戦したことが衝動だったことを考えると、

・準備不足
・想定外の状況に直面したときの心理状況
・現時点で出来る取り組みは無いか?
・あらゆることへのシミュレーション(出場の有無、言葉の壁、柔軟性が自分にあるのか、対応力はあるかどうか、海外ならどこでも良いのか)など

という部分に関して徹底的に考え抜いていたかどうかということです。それを踏まえて60%~80%自分の中で確信が持てていたのであれば行動に移しても、新しい環境での起こる出来事はほとんどが想定内ということになります。

 

ですが、上記のような部分を考え抜くことをせずに衝動一つで行動してしまったのであれば現実では想定外のことが起こり、精神的に追い詰められていく可能性が高くなります。

 

衝動で動くことが癖になると、衝動欲が強くなる

「直感に従って生きる」

 

という言葉は人生に置いて理想的な生活と受け止める人もいるかも知れません。ですが、逆を言えば計画性が無く行き当たりばったりの人生になるリスクもあるということです。

 

もちろんそれを生きがいにして生きている人に何かを言うつもりはありませんが、プロサッカー選手がワールドカップや世界で通用する選手になりたいと思った場合、衝動に駆られるような気持ちと同じくらい入念な準備が必要ではないでしょうか。

 

また衝動や直感を重視してしまうと、ある一定の期間同じ環境で過ごす中で刺激が足りないと思った場合、外部刺激を求める傾向が強くなってしまいます。

 

「自分はこんな環境では生かされない」
「もっと自分に合う環境・組織があるはず」
「この組織は自分を全く理解していない」

 

その環境で努力して結果を出していない人間がそのような脳になってしまい原因を自分ではなく外部に求めるということは良くある話です。

 

最初の話に戻りますが井手口選手が悪い選手かと言われればそんなことは決してなく、日本代表に選ばれるような素晴らしい選手であることは言うまでもありません。

 

ですが、もし衝動に駆られて行動する能力があっても、少しだけ冷静になり現状と準備に対して考え抜き、日本で出来ることを全てやり抜いてメンバーに選出され、ロシアワールドカップ本大会を戦い抜いた後に、やはり世界との差を感じて海外挑戦していたのであれば、結果は変わっていたのかなと感じずにはいられません。

 

たとえ海外移籍という大きな環境を変える行動で無かったとしても、

 

「衝動に駆られて行動する」

 

というのはどんな人にも起こりうることだと思っています。もしそんな衝動に駆られたときには、少しだけ深呼吸してその先の未来を少しだけ考え抜きシミュレーションして問題なければ行動してみることをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。