必然は意識で生まれ、偶然は意識で生まれない

こんにちは、守屋です。

人生において、自分の実力とは異なる別の力によって脚光を浴びる瞬間が時としてあります。

・一か八かで勝負した賭けに運よく当たった
・お笑い芸人のネタが脚光を浴び、運よくテレビに出演できるようになった

など、何らかの偶然が重なり成功体験を得る機会は大小関係なく多くの人が経験しているかと思います。

間違った成功体験に、再現性はない

たとえば一発屋と呼ばれる芸人の中には、半年もたたずにブームが終焉を迎え「あの人は今」という状態でクローズアップされるは良くある話です。

「一発でも売れれば、脚光を浴びない芸人より良いでしょ。」

と思うかも知れませんが、自分の実力で勝ち取った成功でない限りそれは間違った成功体験となり自分の現在地を正しく確認することが出来なくなるリスクがあります。

そして、その成功が意識して得たものでないのであれば偶然やまぐれは二度と起きずに立ち直ることが困難な状態になります。

また入念に作り上げた作品で無かった場合、次回作を作ろうとしても何が観客に受け入れられたのかがハッキリと分からずに形は違えど再現することが出来ません。

職人の成功体験は再現性が高いからこそ生まれるもの

職人と呼ばれる人たちの多くは、特別なことを100回中1回するのではなく、高水準のものを100回中100回再現できる再現性が高いからこそ職人と呼ばれます。

超一流と呼ばれるスポーツ選手や、伝統芸能、古くから伝わる技法で作るあげる職人が特別なことをしているかと言われれば決してそんなことはありません。

基礎や基本と呼ばれるものを誰よりも高い基準を保つために意識して取り組み、何度も再現しているからこそ一流と呼ばれます。

 

それは必然と呼ばれ、多くの人を魅了するものとなります。

 

ときに、自分では想像もしていなかった偶然が重なり脚光を浴びる機会があるかも知れません。ですが、それが間違った成功体験であれば次はなく、成功する前より辛い時間が待っているかも知れません。

ぜひ、再現性を高くするためにも意識して日々の取り組みを大事にし、必然的成功体験を得れるようにしましょう。

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。